48&46グループの情報&哲学

【動画】欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』撮り直し?41人ver

K-Y
Pocket

欅坂46けやき坂46の合同曲『W-K』こと『W-KEYAKIZAKAの詩』は、また撮り直しですかねw?前回は、けやき坂の高瀬愛奈を入れた32人バージョンを撮り直しましたが、今回また、けやき坂2期生の9人が加わりましたから、欅坂ファンから今度は41人バージョンが見たい!なんてことになるのではないでしょうかw?この曲は、合同曲ということの他に、3thまでの表題曲の振りでダンスが構成されていたり、さらには「一緒に坂を上っていこうね」という長濱ねる米谷奈々未のストーリーが入っているなど、欅坂ファンの共感を呼ぶ内容となっております。今後も欅坂&けやき坂がひとつになる楽曲ですから、41人バージョンは最終的には必要になるでしょうね・・・その時は再度の撮り直し、宜しくお願いします!

Sponsored Link

【動画】『W-KEYAKIZAKAの詩』


高瀬愛奈を加えた32人バージョンを撮り直したところなのに・・・w


欅坂46の過去の「振り」が入るダンスが話題に・・・

ワンマンライブの『W-K』も最高でした!

Sponsored Link

孤独のエース!平手友梨奈をメンバーが迎える・・

平手友梨奈

MV後半、また一人で歩き始めたてちの前にメンバーが横切ります

談笑するメンバーとすれ違う中で、てちは切ない表情で

いつものエースとしての孤独さを醸し出します・・・・

そんなてちの元に、キャプテンの菅井友香と副キャプテン守屋茜が駆け寄り

孤独から開放されたようなてちが、グループのパフォーマンスの中心に戻るラストシーンへ・・。





Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー