48&46グループの情報&哲学

menu

トレキャチ48&46

乃木坂アンダーアルバム『僕だけの君』感想&ライブ動画『My rule』

乃木坂46

乃木坂46アンダーファン待望のアンダーアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』が、発売されましたね。乃木坂46は楽曲のクオリティの高さが有名ですが、それは表題曲だけでなく、カップリング、すなわちアンダー曲のクオリティも高いことを今回のアルバムで証明することでしょう。そんな気になるアンダーアルバムの中身ですが、歴代のアンダー楽曲を全てコンプリートするだけでなく、グループを卒業することになる中元日芽香のソロ曲を含む新曲4曲も収録されており、ただどれも素晴らしい曲なのですが、ここに来て『中元日芽香ドキュメンタリー』などは・・見るのに少し覚悟が必要ですね。アンダーアルバムに中元日芽香の「乃木坂物語」を残すということは大切なことなのですが‥辛いです。やはり中元日芽香の卒業は寂しいですね。あと今回のアルバム個人的には、今後のアンダーのセンター候補になる樋口日奈『My rule』がイイ曲です。またまた全曲、聴き込んだ後に感想を書いていこうかと思います。それでは『My rule』のスタジオライブ動画をどうぞ・・・。

Sponsored Link

【スタジオライブ動画】乃木坂46『My rule』



アルバム特典ゲットは初回生産限定盤に収録される特典映像「The Best Selection of Under Live」です。

2013年に幕張メッセで開催した初となるアンダーライブから、今年の秋に行われた九州シリーズ・福岡公演まで、今まで開催されてきたアンダーライブの中から名場面がセレクトされたアンダーライブ特選集になっております。

今まで製品化していないアンダーライブの貴重映像なだけに・・・満足です。

今回の発売されるアンダーアルバムでは、乃木坂46の底の深さを乃木坂ファンだけでなく、一般の方にも共感して頂くまたとないチャンスです。

アンダーメンバーもこのチャンス掴み、ただ「乃木坂バブル」に乗っかるのではなく乃木坂選抜組、乃木坂3期生、そしてここで乃木坂アンダーというポジションを確立してほしいです。すべてはアンダーメンバーの「本気」にかかっていますよ!・・・。

“アンダー”といえども、今年の4月には東京体育館3daysのライブを成功させたのですから乃木坂46アンダーメンバーの2018年が大きな飛躍の年となりますように引き続き、応援してまいります。

乃木坂46 アンダーアルバム

『僕だけの君~Under Super Best~』

齋藤飛鳥 伊藤万理華

乃木坂アンダーアルバム

『僕だけの君~Under Super Best~』(収録曲一覧)

 <初回生産限定盤>2CD+1DVD
(DISC 1)
M1:左胸の勇気
M2:狼に口笛を
M3:涙がまだ悲しみだった頃
M4:春のメロディー
M5:13日の金曜日
M6:扇風機
M7:初恋の人を今でも
M8:生まれたままで
M9:ここにいる理由
M10:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M11:君は僕と会わない方がよかったのかな
M12:別れ際、もっと好きになる
M13:嫉妬の権利
M14:不等号
M15:シークレットグラフィティー

(DISC 2)
M1:ブランコ
M2:風船は生きている
M3:アンダー
M4:My rule
M5:自由の彼方
M6:欲望のリインカーネーション
M7:君が扇いでくれた
M8:自分のこと(※新曲:中元日芽香ソロ曲)
M9:自惚れビーチ(※新曲:19thシングルアンダー曲)
M10:その女(※新曲:19thシングルアンダー曲)
M11:誰よりそばにいたい(※新曲:19thシングルアンダー曲)

中元日芽香

(特典映像)
「The Best Selection of Under Live」

<初回仕様限定盤>2CD+1DVD
(DISC 1)(DISC 2)収録内容は、初回生産限定盤と同じ
(特典映像)
「“Super Under”Music Video Collection」

<通常盤>2CD
(DISC 1)(DISC 2)収録内容は、初回生産限定盤と同じ

Sponsored Link

『嫉妬の権利』



この曲を聴いて頂けると、乃木坂楽曲のクオリティがわかってもらえるかと思います。

儚くて切なくて、心にしみる曲が、アンダー曲の醍醐味です・・・。

堀未央奈&中元日芽香のWセンターも、これで見納めですね・・・。

『ここにいる理由』&『不等号』



中元日芽香が乃木坂に残した功績が『アンダーアルバム』として残ります。

『不等号』でのパワフルなパフォーマンスはもう見れませんが

中元日芽香ファンは・・・決して忘れません・・・。

『ブランコ』



寺田蘭世は、もっと認められなければならないメンバーの一人です。

乃木坂運営は、同じことを繰り返してはいけない・・・

寺田蘭世は、アンダーから飛び立ちます!

鈴木絢音佐々木琴子は・・・殻を破れ!

Sponsored Link

乃木坂アンダー樋口日奈の存在

乃木坂運営は、樋口日奈を推すことに決めていますね・・樋口日奈が新しい乃木坂アンダーを牽引することで、アンダーのポジションが確立できるか?ひなちまも控えめ発信は止めて、ガンガン来てほしいです!

そして皆様、乃木坂アンダーをどうかアンダーアルバムで知ってください・・・。

乃木坂アンダーが輝く日が来る!



Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。