48&46グループの情報&哲学

乃木坂46の明確なコンセプトとブランディング戦略

乃木坂46
Pocket

神宮ライブも素晴らしいステージとなり、今、乃木坂46は順調に躍進街道を進んでいます。このまま紅白出場が2015年の彼女たちの最終目標だと思いますが、それは簡単に達成することでしょう。あらためて乃木坂46の明確なコンセプトが現在の成長を作っていることがわかります。乃木坂46のコンセプト・・それは「AKB48の公式ライバル」です。AKB48とは違う、「王道のアイドル」と言うブランディング戦略を取っているのが乃木坂46です。そして今やAKB48グループを脅かす存在となった乃木坂・・・このまま乃木坂46の紅白出場が決まれば、AKB48グループのどこかのチームが落選する可能性が出てきます。 本日は、そんな絶好調の乃木坂46のブランディング戦略を分析したいと思います。


Sponsored Link


 

乃木坂46の躍進はコンセプトに忠実にブランディングを進めた結果

乃木坂46

コンセプトに忠実にブランディングを進めるということは?

コンセプトとは「AKB48の公式ライバル」であり、単純にAKB48との違いとなります。

例えばAKB48は個性に富んだメンバーが、劇場公演、総選挙などの数々のイベントと共に認知され

試行錯誤を繰り返し、現在の人気アイドルへと成長しました。

では乃木坂46はというと、メンバー選出には個性よりビジュアルに徹底的にこだわっています。

数あるアイドルグループの中ではダントツの美少女グループです。

 

劇場を持たない代わりにメディア戦略にもこだわりを感じますね。

それは帯番組でのMCの面々を見ればあきらかであり

設楽統イジリ―岡田のようにメンバーの個性を順序立てて引き出すことに長けたタレントを使用しています。

あとは個々のモデル専属やCM、バラエティ出演などの外仕事も充実させ

まさに劇場公演がないメリットを十二分に使い乃木坂認知を仕掛け続けています。

 

最後に総選挙をしないことで争い事が苦手なファンも獲得できています。

その新規ファン獲得の実績は、CD売り上げの上昇傾向からも理解できます。

以上の結果からも、結成当時は不安視された「AKBの公式ライバル」というコンセプトも

今や乃木坂46のブランディング戦略を見事に成功させることになっているのです。

 

総合プロデューサー秋元康の乃木坂46ビジョン

島崎遥香  生田絵梨花

乃木坂46はセーラー服にもこだわるので、女子高的雰囲気も高く

同世代の女性ファンが多いのも特徴です。

この件に関しては島崎遥香もSNSで羨ましがる発信をしていますね

総合プロデューサーの秋元康氏も、乃木坂46のここまでの飛躍は予定調和だったかもしれないです

AKBとの対比で、徹底して戦略を立てれば、ここまでのビジョンは見えるからです。

対比にまつわる楽曲選びも、神曲的なものが多く、そのクオリティの高さには驚かされます

そして乃木坂の集大成として、この度、秋元氏は勝負に出ました!

それは、13thシングルの白石麻衣西野七瀬のWセンターです。

これはかなりの話題性があると思いますね。必ずメディアを通して、新規ファン獲得の増加にもなります。

まさしく今回のWエースのセンター

乃木坂46は、ザ・アイドル!です」を不動のものにすることでしょう。

Sponsored Link


 

乃木坂46の本当の勝負は2015年ではなく2016年から

白石麻衣  西野七瀬

乃木坂46にとっては2015年は、最高の年になるでしょう。

紅白もスキャンダルがない限り、必ず出場することだと思います、ただ乃木坂の勝負は来年からです。

そう来年辺りから、フロントメンバーの卒業もあるからです

白石麻衣、橋本奈々未、西野七瀬、生駒里奈などです。

これに関しては、未だ乃木坂が経験をしていないことであり、かなりの衝撃と打撃を受けることになるでしょう

リーダーは桜井ですが、乃木坂の精神的支柱は生駒ですから・・・。

あと新しい目標として、ミリオンということもソニーが仕掛けてくるでしょうし

姉妹チーム欅坂との関係性も具体的に築いていかなければならなくなるでしょう。

つまり頂点に行くまでと頂点に居続けることは、まったくちがうものだということです。

ですが、乃木坂46は必ずオンリーワンの素晴らしいアイドルグループになると信じております。

今後も乃木坂46に関しても、このブログでどんどん分析して、紹介していきますね

どうか、宜しくお願い致します。

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー