48&46グループの情報&哲学

menu

トレキャチ48&46

小林由依と西野七瀬はそっくり?似てる&覚醒ポイントを検証しましょう

小林由依
Pocket

欅坂46小林由依乃木坂46の西野七瀬にそっくりで似てる!と話題になった頃の共通点と言えば、静かな美少女、雰囲気が似てる、身長が同じくらい、「ぼっち」的な要素を持つ、特にメンバー内人気が二人ともダントツで「可愛すぎてほっとけない」という”愛されキャラ”というところでしたね。小林由依織田奈那からの一方的なw愛を受けていることは誰もが知っていることですが、実は西野七瀬も乃木坂のセンターを担う初期の頃から、生駒里奈中田花奈といったメンバーに、よく似ている形の愛を受けていました・・・。そしてそんな西野七瀬も今や乃木坂46の不動のセンターという位置まで上り詰め、白石麻衣とのWセンター曲『インフルエンサー』では、乃木坂46の初の勲章となる『レコード大賞』を受賞しました。小林由依がこのまま「西野七瀬にそっくり!似ている!」を維持するには、それなりの「覚醒」ポイントが必要になります・・・そもそも覚醒ポイントとは何か?まずは西野七瀬で検証してみましょう・・・。

Sponsored Link

西野七瀬の「覚醒」ポイントとは?

西野七瀬

私の主観ですが、西野七瀬の最初の「覚醒」ポイントは?『命は美しい』での単独センターの時だと思います・・。ここで言う「覚醒」とは「変化」のことを言います。

この頃の乃木坂46は、九分九厘出場が決定していた2014の紅白歌合戦にまさかの落選・・・。その悲しみのどん底からの復活の楽曲として命をテーマにした、アイドルらしくない曲で勝負をかけました。この『命は美しい』はパフォーマンスも激しく、ダンスの難易度も最上級でしたね。

この時期は運営の今野義男さんも総合プロデューサーの秋元康先生も、「新しい乃木坂46を創る」という熱き想いと共に苦しんでいましたね。そしてその苦しみを共有しながら、『命は美しい』で乃木坂のセンターをやり切った西野七瀬は変わりました。西野七瀬の最初の「覚醒」ポイントはここだったと感じています。

ただ、ここからは大きく変わっていないのかな?という印象も同時に西野七瀬に持っています。ですから、2018年は西野七瀬の表題曲単独センターを今一度、期待します!

Sponsored Link

小林由依の「覚醒」はこれから

「小林由依が西野七瀬に似てる」というワードが生き続ける意味でも、小林由依にも「覚醒」ポイントは必要になって来ますよね。

実はこれまでの欅坂の「流れ」からだと、何も感じなかったのですが、エースの平手友梨奈の負傷により2018年の欅坂46は大きく変わるような予感がしています。つまり他のメンバーにも欅坂表題曲のセンターのチャンスが巡ってくるかもしれない・・ということです。

2017年の乃木坂が表題曲すべてWセンターで貫くといったマスマーケティングの戦略を取ったように、2018年の欅坂もその傾向になるかもしれません。そうなると小林由依にもチャンスがあります。

雑誌のインタビューで「センターになりたいですか?」の質問に小林由依は「どうだろう・・。自分からやりたいです!といった感じはまだあまりないんですけど、周りから求められたらやりたいと思っています。でもまだ求められるところまで行ってないから、まずは求められる人になれればいいなって感じです・・」と応えています。つまり、センターへの意識は持っているということですね。

小林由依は西野七瀬にならなくていい

小林由依

表題曲のセンターのみが小林由依の「覚醒」に直結かといえば、そうではないかもしれません。

しかし、欅坂は絶対的センターの平手友梨奈が欅坂の世界観表現のすべてを引き受けるといった特別なアイドルグループです。そうなることは、当たり前のように平手友梨奈を中心にフォ―メ―ションは構成されます・・・ということは、平手友梨奈以外のメンバーは、表題曲の世界観を創る上での「ピース」となるのです。

2017年に明るみに出た課題「平手友梨奈以外の素晴らしい才能が表舞台に出ることなく眠っている」と、2018年の欅坂46はどう向き合っていくのか?



平手友梨奈が今後も欅坂の表題曲の世界観を表現する第一人者であることは変わらないでしょう。

しかし、今の欅坂には「深く掘る」といったことよりも「横へ広げてみる」といったことの方が大切だと思うのです。平手友梨奈以外でセンターを構成するということは、欅坂メンバーそれぞれの表現力とパフォーマンス力の底上げに必ず繋がりますから・・・。

小林由依は西野七瀬にならなくていいと思います。しかし、西野七瀬と同じアイドル資質は兼ね備えているのは事実です。そしてそのアイドル資質が、欅坂の現在の環境により埋もれてしまうのはもったいないのです。

最終的には総合プロデューサーの秋元康先生の決断によりますが・・・彼は平手友梨奈センター絶対主義みたいなので。

「覚醒」を余儀なくされた西野七瀬と「覚醒」ポイントをまだ与えられていない小林由依・・。

2018年、欅坂の環境の変化を期待しつつ、小林由依が欅坂での存在感を向上させることを応援したいと思います。あと、小林由依の写真集も期待しています♪



Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930