48&46グループの情報&哲学

乃木坂46センター西野七瀬の真の覚醒はこれからです

西野七瀬
Pocket

2016年の乃木坂46はどのように躍進していくのか?多くのファンが大きな期待を抱いています。ただネット上では深川麻衣の卒業により、近未来の乃木坂戦略から、14thシングルは選抜ならびにフロントの大幅な入れ替えが行われるかのように盛り上がっていますが、私としては主観も込めて、西野七瀬のセンター継続を希望します。年間3枚のシングルを出すとして、途中で次世代エースの生田絵梨花とのWセンターなどはありかな?と思うのですが、基本路線、2016年は乃木坂のエースは西野七瀬でいいと思います。まあ、いろいろと理由はあるのですが、例えば乃木坂は今年がメジャー元年なんですよね、紅白では初お披露目ということもあり、通常の音楽番組より派手なことを避けたことにより、パフォーマンスが控え目に映りましたのでインパクトは欠けていたように思えます。しかし紅白出場はメジャー、すなわち全国区へのスタートラインに立てたことには間違いないので、そういった意味でも今年はじっくり攻めたいのです。結果を急いでしまってからの無理な企画を盛り込んだ極端な編成は、必要はないかと思います。秋元先生があまり絡まず、ソニーの今野義雄さんが引き続きマネジメントすることで、その辺りの問題は大丈夫かとは思いますが・・・。今の乃木坂はAKBとむやみやたらに絡む必要はないのです、混ぜるな危険!ですね。あと乃木坂の現エースの西野七瀬の覚醒はまだ発展途上の真っ只中です。ななせまるの握手会やコンサートでの振る舞いやテンションを観て感じているファンにはテレビ出演の西野はまったくの別人に映っていることでしょう。それほど、本当の西野七瀬は神対応でアイドルオーラが半端なく、底抜けの可愛さを持った、乃木坂46の真のセンターなのです

Sponsored Link


 

乃木坂ライブでの西野七瀬のアイドルオーラがすごい!


西野七瀬はライブと握手会では異常なアイドルオーラを発します。

純粋にファンとの交流を楽しむななせまる

このライブでの楽曲『他の星から』の西野七瀬を現地で観た時・・・震えましたね

可愛さは半端なく、異性だけでなく同性からも愛されるアイドルが西野七瀬です。

乃木坂メンバーからの人気も高く、生田絵梨花や生駒里奈、さらには橋本奈々未からも

「彼女にしたいメンバー」のNo.1に選ばれています。

ファンの間でも握手会人気では1位が定着し、個別握手券は入手困難です。

ライブや握手会でのアイドルオーラ全開の西野七瀬がテレビでも発揮できるようになれば

ななせまるの覚醒が完了しているように思えます・・・。

Sponsored Link


 

西野七瀬の性格は・・「争い事が嫌いだけど、大の負けず嫌い!」

西野七瀬

西野七瀬は争い事が嫌いですが・・・大の負けず嫌いです。

さらに、ななせまるの三大苦手なものが

「ライバル」「オーデション」「自己アピール」です。

実際に西野は、負けず嫌いの性格を貫いて

これら三大苦手のすべてに勝ち続けてきました・・。

さらに西野が勝ち続けることで、乃木坂はアイドルグループとしての人気を向上させていったのです。

その後、乃木坂のセンターを担うことが多くなり

メンバーやファンのために頑張るという姿勢の大切さに気づけるようになることで

西野七瀬は変わっていきました・・・。

そして、ここからがななせまるの真の覚醒が始まるかと思いますので

2016年も乃木坂センター基本路線は西野七瀬で行きましょう!

 

Sponsored Link

西野七瀬はアイドルとして前田敦子を超える?

ソロ曲も順調な西野七瀬

西野の『ひとりよがり』の作曲家は、前田敦子のソロ曲『夢の河』を作曲した杉山勝彦氏

『制服のマネキン』『君の名は希望』の作曲家でもあります。

この曲から西野七瀬が観えます・・・西野七瀬の育ってきた環境が目に浮かぶのです。

センターとしての存在感や周囲からの答えの求められ方が前田敦子と似ている西野

このまま西野七瀬はレジェンド前田敦子を超えることできるのでしょうか?

その答えは、今年、はっきりするかもしれないですね

そう覚醒完了の乃木坂46真のエース、西野七瀬を観れた時にね・・・。

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー