48&46グループの情報&哲学

menu

トレキャチ48&46

『W松井』から『ひとり松井』への戦いが始まる!

松井玲奈 松井珠理奈
Pocket

8月29日30日に行われた豊田スタジアムでの松井玲奈の卒業コンサートも最高のステージとなり大盛況の中、松井玲奈は有終の美を飾り、SKE48を旅立っていきました。松井玲奈の卒業は『W松井』の完全終焉となり、松井珠理奈『ひとり松井』への戦いが始まることを意味します。玲奈の卒業発表から、精神に異常をきたすほどの悲しみと寂しさに暮れた珠理奈、「こんなに苦しいなら私も卒業しよう、泣いてばかりのアイドルはアイドルじゃないから・・」とこの数日間は、それほど真剣に卒業をも考えていたみたいです。珠理奈にとっての玲奈の存在は改めて特別だったということですね。まずはそんな『W松井』の軌跡の動画をご覧ください・・・。



 

珠理奈がやらなければいけないことは、もうセンターに立つことではない

後藤楽々 松井珠理奈

そんな『玲奈ショック』で精神的にボロボロだった珠理奈を救ったのは

SKE48の未来、7期生とドラフト2期生の存在でした。

7期生とドラフト2期生の初日公演を珠理奈が観るにいたって気づいたこと・・・。

それは『SKE48』というものを次世代にしっかり継承するということでした。

珠理奈は後輩指導のことを「SKE48を見せる」と表現します。

ここはかなり奥の深い表現なのですが、AKB48の曲を行うにしてもSKE48劇場で公演を行う限り

AKB48を見せるのではなくSKE48を見せなければ栄のファンは納得しないということです。

つまりSKE48の箱推しの強さのは理由ここにあるのです。

そして珠理奈はそれを一番理解できているから、SKEの真のエースなのです。

今、珠理奈は後輩のダンス指導はもちろんのこと生活指導やマネージャー的な仕事もやろうとしています。

やるべきことがはっきりしている名古屋に集中するためにも

AKB48チームKの兼任解除を珠理奈自身も望んでいるようです。

珠理奈の『W松井』から『ひとり松井』への戦いは、ここから始まるのです。


Sponsored Link


 

玲奈の『SKE48の想い』を背負えるのは珠理奈しかいない・・・

松井珠理奈 松井玲奈

松井玲奈が名古屋からいなくなるということは

松井珠理奈が名古屋に帰ってくるということにならなければいけないと思います。

それは玲奈の想いを背負うことが出来るのは珠理奈しかいないからです。

以前、私はW松井体制終焉で松井珠理奈の卒業準備も始まる?

松井珠理奈にすべてを背負わせないでほしいと書きましたが

ここで言う「背負う」は『玲奈の想いであり

前回の記事で書いたような「運営の勝手」を背負うのではないのでご理解ください。

玲奈の想いとは、今回の総選挙で第一党となったSKE48を

珠理奈がパフォーマンス力の高い最強集団に仕上げることで

「AKB48を完全に追い抜く!」と言う最高の目標を掲げることが具体化し

その結果、SKE48がAKB48に完全勝利すれば

SKE結成当初、玲奈が想い描き続けた『SKE48』が完成するのです。

この『玲奈の想い』は珠理奈の想いでもあり、SKE全体を応援するファンの祈願でもあるのです。

Sponsored Link


 

卒業コンサートで感じた松井玲奈がいないSKE48の可能性


松井玲奈はSKE48の宝であり、W松井とはSKE48の象徴です。

SKE48とって、唯一無二の存在である松井玲奈がいなくなるということは

SKE48はどうなってしまうのか?そんな心配をしていたのは私だけではないでしょう。

ですが・・その心配は先週の豊田スタジアムのコンサートで吹き飛びました!

まず目を引いたのは、北川綾巴。完成されたビジュアルにオーラが漂うようになっていました。

センターを経験した自信からですか、綾巴はかなり成長しています。

そして古畑奈和、汗をいっぱいかく全力のSKEのなかで、別格の妖艶な色気があり

アイドル力が半端なく上がっています。

吹っ切れた感があるだーすー、オチを忘れない松村、安定感の高柳、木本、柴田、それをカバーする宮澤佐江

移籍組の大場、谷、佐藤すみれは今ではSKEになくてはならないメンバーになり

李苑、熊崎、二村、宮前、惣田の次世代メンバーも力強く

ベテランの真木子、るみるみ、後藤理沙子も素晴らしかった。

真木子のような子はAKBにはいないのですよね、だからSKEはすごいのです!

そして、美浜で見ることが出来た、7期生の小畑優奈後藤楽々、ドラフト2期の期待の星、水野愛理

彼女たちに珠理奈イズムが注入されるとなると・・・すごいシナジーが生まれることでしょう!

今から楽しみがと止まらないんです。

松井玲奈は、私以上に今のSKE48にこのような勢いを感じたので、安心して卒業できたのでしょうね。

コンサート中も寂しい顔ではなく、楽しそうにワクワクしながらパフォーマンスをする玲奈が眩しかったです。

だからこそ、これからも前のめりなSKE48を引き続き応援していこうと思います。

皆様も、今後とも『ひとり松井』となる松井珠理奈とSKE48を宜しくお願い致します!

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930