48&46グループの情報&哲学

欅坂46『手を繋いで帰ろうか』ライブ&TAKAHIRO先生

守屋茜 菅井友香
Pocket

2017年、欅坂46はさらに躍進しましたね。欅坂に「笑顔」という、意表を突いた5thシングル『風に吹かれても』も大好評です!楽しそうにパフォーマンスする欅坂メンバーが実に新鮮です!秋元先生の総合プロデュースもさることながら、やはりTAKAHIRO先生「楽曲の世界観を共有する」というスタンスは、本当に素晴らしいことだと思います。現在は欅坂46関係の番組に、たびたび登場するTAKAHIRO先生・・・TAKAHIRO先生が欅坂の世界観を、メンバーと共に創り上げていることは知られるようになりました・・・。そして今回はその世界観共有テーマに、デビュー曲『サイレントマジョリティー』のカップリング曲『手を繋いで帰ろうか』での、TAKAHIRO先生が世界観を伝えてメンバーと共有する動画と、『手を繋いで帰ろうか』のライブ動画を紹介します。でわ・・どうぞ。

Sponsored Link

『手を繋いで帰ろうか』世界観共有



凄いと思ったことは、楽曲のパフォーマンスでの世界観は

最初から作られているわけではなく、「自分たちで作る」というところです・・・。

欅坂46の強みは、「デビューシングルからTAKAHIRO先生の指導を受けていること」ですね。

この動画も、初期でまさにデビュー前のものです・・メンバーの名前が書いてあるゼッケンもいいですね♪

秋元先生の歌詞を理解して、それをパフォーマンスで表現する

一見当たり前の事と思われがちですが、表現にズレが生じると何も伝わらなくなります

パフォーマンスを見ることで、歌詞を理解するようになる

欅坂46のパフォーマンスには、そのパワーを感じます・・・だから、欅坂のライブは素晴らしい♪

『手を繋いで帰ろうか』・・守屋茜副キャプテンと菅井友香キャプテンが可愛いですよ♪

Sponsored Link

【動画】『手を繋いで帰ろうか』ライブ①


 

【動画】『手を繋いで帰ろうか』ライブ②





Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー