48&46グループの情報&哲学

menu

トレキャチ48&46

『JOYFUL LOVE』小坂菜緒がセンターなら、けやき坂46本気の攻勢が始まるね

小坂菜緒

ひらがなけやきこと・・けやき坂46が、メチャカリとのタイアップ契約を発表しました。

「メチャカリ」とは、かつて漢字欅のデビュー曲『サイレントマジョリティー』がタイアップ曲に選ばれ大きな話題となり、流れたCMはメチャカリのターゲット層に支持されたことで、欅坂46のデビューにも大きな影響となり、お互いがwin winの関係を築けました。

そのように欅坂46と良好な関係を築けたメチャカリがなぜ?今回はけやき坂46と組むことになったのか?

CMタイアップ曲でありけやき坂の新曲『JOYFUL LOVE』のセンターは、MVの様子から2期生の小坂菜緒のようですね・・・実は話題の中心は「小坂菜緒初のけやき坂単独センター」にあるようです・・・

2期生の楽曲ではデビュー曲『半分の記憶』から、これまでの楽曲すべてで固定センターを担ってきた小坂菜緒が、けやき坂46表題曲でのセンターとなることで欅坂46からの完全独立となるのか?・・・に注目が集まっているのです。

それほど、小坂菜緒とは「インパクトセンター」の資質と可能性を秘めているのです・・・

Sponsored Link

小坂菜緒センター『JOYFUL LOVE 』

小坂菜緒インパクトセンターの資質と可能性

小坂菜緒のインパクトセンターの資質と可能性を語る上で、こちらの映像は外せないですね・・・

2017年のけやき坂46ドラマ『リマインド』でのワンシーンであり、ドラマデビューシーンです。

このシーンは連続モノとは別で撮られたものです・・・おそらく監督、もしくは秋元先生が小坂菜緒のインパクトを確認したかったのでしょう

私にとっての小坂菜緒はここから始まっています・・この時の「インパクト」が忘れられないのです。



その後、私が小坂菜緒に初めて会うことが出来たのは、2018年初夏のインテックス大阪での全国握手会でした

人見知りの性格で、この頃はまだまだ握手会にも不慣れなようで・・少し緊張の面持ちでの対応でしたが、オーラはダントツの美少女でした・・ライブパフォーマンスでは小坂菜緒センターの『半分の記憶』を披露してくれましたよ

もちろん、センターの資質は申し分なく、握手会とは異なり、パフォーマンスは力強くて目力に圧倒されました・・・。


その後(1ヶ月後)のアルバム『走り出す瞬間』のツアーで大阪フェスティバルホールのライブに参加した頃には、アイドルとしてさらに成長を遂げていて、本当に驚かされました

前回にも増してセンターオーラを漂わせ、アルバムに収録されている2期生楽曲の『最前列へ』『未熟な怒り』の固定センターとして、堂々としたパフォーマンスを見せてくれたのです

もうこの頃には、けやき坂全体での楽曲センターもそれほど遠くないことを感じたのは私だけではなかったでしょうね


冒頭でもお伝えした通り正式発表はまだですが、『JOYFUL LOVE』のセンターは小坂菜緒だと思います。

そして『JOYFUL LOVE』は、けやき坂46の勝負曲でしょう・・・ここで思う勝負曲の定義とは、欅坂からの完全独立?または単独シングルデビューに繋がる、勝負曲だということです。

そして、そのインパクトセンターに選ばれた小坂菜緒・・・『JOYFUL LOVE』のフルMVが楽しみですね。

Sponsored Link

新しい物語が始まる

新曲『JOYFUL LOVE』のトレーラーMVの最後のフレーズ「新しい物語が始まる」・・・気になりますよね?



あと、なぜ?平手友梨奈ではなく、渡邉理佐のシーンなのか?も気になります・・確かに再生回数は渡邉理佐がダントツでトップでしたけどね・・・欅坂、揺れてます。

トレーラー(予告)では「欅坂46からひらがなけやきへ新たな物語が受け継がれる」とあり

MV監督も『サイレントマジョリティー』池田一真氏を起用

因みにMVからの情報では、新曲『JOYFUL LOVE』「CM限定楽曲」の位置づけであり、メチャカリ会員に限定CDがプレゼントされるようです。

けやき坂46の、近況の活躍や今回の『JOYFUL LOVE』の戦略からも、着々と漢字欅からの独立の準備というか単独デビューに着々と動いていると思うのですが、どうでしょう?

あと独立への予感は、振り付けにも表れています・・・

『JOYFUL LOVE』の振り付けは、TAKAHIRO先生ではなく、CRE8BOYです。

坂道シリーズでは乃木坂46にもよく振り付けしてますね、西野七瀬の卒業センター曲『帰り道は遠回りしたくなる』の振り付けも担当しています

CRE8BOYは以前に、音楽番組限定のコラボ、平手友梨奈&平井堅『ノンフィクション』で、平手友梨奈の独創的な振り付けを担当したことで、欅坂ファンからも注目されていた振付師です


TAKAHIRO先生も「可愛い」振り付けは苦手ではないですけど、やはりカッコいい方が得意ですからねw。

平手友梨奈を中心とした、欅坂パフォーマンスではTAKAHIRO先生が完全専属ですが、ひらがなけやきは振り付けなども流動的に、楽曲ごとに変えていくことは良いことだと思うんですよね

漢字欅から生まれたひらがなけやきですが、クールなイメージの「欅坂色」というより、どちらかと言うと華やか系の「乃木坂色」の方が合うのでは?と兼ねてから思っていますので、今後の振り付けも流動的なることを望みます

ここまでの動きからしても、『JOYFUL LOVE』はけやき坂の勝負曲であることは間違いないようですね

小坂菜緒センターでけやき坂は変わる?

外仕事となる「Seventeen」の専属モデルにも、風格が出てきたというか・・・もともと度胸もあるコなんですよね

GirlsAwardのランウェイなどは、最初から堂々としてましたw


小坂菜緒がセンターになることでけやき坂は変わるのか?・・・ですが

変わるかどうかより、「軸」みたいなものは出来るではないかと思います

これまでのセンター、柿崎芽実、齊藤京子、佐々木美玲、加藤史帆の場合は、歌は上手いしダンスも上手くて、要するにバランスは良いんですよね・・・でも・・何かが弱い

その弱さが「インパクト」なんです・・・小坂菜緒にはそのインパクトがあるのです

小坂菜緒のインパクトとは・・・今回の『JOYFUL LOVE』のインパクトセンターで証明できると思いますよ

ここから、けやき坂の新たな戦略が明確となり、欅坂を追い抜く体制が整っていくと思われます・・・それほど小坂菜緒のセンターには可能性があるのです。

最年少ながら、坂道合同プロジェクトの舞台『ザンビ』にも出演します・・・小坂菜緒の演技にも注目しましょう♪

小坂菜緒センターでインパクトを得たけやき坂46は必ずメジャーになるでしょう・・・。



Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。