48&46グループの情報&哲学

『半分の記憶』センター小坂菜緒はけやき坂46の固定センターになる?

小坂菜緒
Pocket

欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』で披露された、ひらがなけやき2期生の自己紹介企画・・その中で圧倒的なアイドルオーラでひと際目を引いたのが小坂菜緒でした。

小坂菜緒は平手友梨奈柿崎芽美より年下の最年少メンバーであり、このまま「国民的美少女」のコンテスト会場にいても、まったく違和感がないほどの、正真正銘の美少女です・・先日行われた、ひらがなけやき2期生の「おもてなし会」でも「小坂菜緒は2期生のセンター」という声が上がるようになりました。

そして、けやき坂2期生の初楽曲『半分の記憶』のセンターにも小坂菜緒が選ばれたのです!

固定センターの漢字欅とは異なり、メンバーの多様性重視した流動センターのけやき46に何やら革命が起きそうな予感です。小坂菜緒の魅力とは?・・それはダントツのアイドルオーラ、すなわち「華」です。

Sponsored Link

けやき坂46センターは小坂菜緒で決まり?

ひらがな2期生

「おもてなし会」での2期生のファンをもてなす姿勢がとても素晴らしかったですね。

兼ねてよりアイドルとしての即戦力としての基準値が高いと評判のひらがなけやき2期生メンバー・・・ひがらなけやき単独での武道館ライブでも、その実力と存在感を遺憾なく発揮してくれました。

そして今回は、2期生単独の「おもてなし会」。①自己紹介②演目披露③私服ファションショー④ミニライブの順番で行われました。

注目は、ミニライブです。楽曲は『ひらがなけやき』『僕たちは付き合っている』『それでも歩いてる 』『永遠の白線』『おいでシャンプー(乃木坂46)』 『誰より高く跳べ!』『NO WAR in the future』アンコールがあり『W-KEYAKIZAKAの詩』の順で披露されました。

ライブの注目は、2期生メンバー河田陽菜乃木坂46の『おいでシャンプー』のセンター以外は、小坂菜緒がけやき坂曲すべてでセンターを務めたことです。これは・・・凄いことなんですよね・・・。
今までの流れから、漢字欅は平手友梨奈という絶対的な固定センターでの活動となり、逆にひらがなけやきは多様性を重んじてセンター流動性を取り入れていく傾向にありましたから、ここで小坂菜緒の固定センターで来たということは、今後のひらがなけやきの楽曲フォ―メ―ションに何らかの影響をおよぼすことになるかもしれません。

『半分の記憶』センター小坂菜緒が意味するもの

「おもてなし会」とはいえ、けやき坂の全曲で小坂菜緒センターを欅坂運営が試したことに意味があります。

この「おもてなし会」での、小坂菜緒のセンター抜擢が、そのままけやき坂2期生の楽曲『半分の記憶』のセンターに繋がったのです。『半分の記憶』は、ファンの間ではひらがなけやきの神曲と早くから囁かれ、欅坂ファン全体が小坂菜緒に注目しているのです。

欅坂46の絶対的エース平手友梨奈に対抗する、けやき坂46の最年少センター小坂菜緒・・あり得る話ですね。

そして小坂菜緒のセンターには華があります。その他の欅坂メンバー40人にはない・・・アイドルオーラというか「華」です。小坂菜緒の魅力とは、天性から来る「華」のある、佇まいであり雰囲気だと思います・・。

Sponsored Link


5月19日(土)開催の「Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」に、ひらがなけやきの代表として小坂菜緒のモデルデビューも決まりました。欅坂46の参加メンバーは、今泉佑唯、渡邉理佐、土生瑞穂、小林由依、渡辺梨加です。

ひらがなけやきからは、前回にモデルデビューした加藤史帆も選ばれました。ここに選ばれた小坂菜緒は・・凄いですね。




『けやかけ』での初登場シーンではスタジオはもちろんですが、ネットも少し荒れましたね、もちろん共通のキーワードは「可愛い!」です。この時にもアイドルオーラがダントツだったのは、スタジオにいた漢字欅メンバーからガンガンに伝わってきましたね♪


「Re:Mind」でも披露されたアイドル力

ひらがなけやき2期生

長濱ねるの代わりのメンバーとして、急遽、行われたドラマ出演オーディション。オーディション模様は、懐かしの『ASAYAN』形式で放送されました。いきなりの演技挑戦に小坂菜緒も挑んでいます、それも大阪弁でw・・演技は初めての素人にしては上出来です。

結果的に、長濱ねるの代役後のドラマ『リマインド』出演の権利は同期の渡邊美穂になりましたが、特別最終話のオープニングに登場した小坂菜緒には、またまた驚かされました。往年の名CM「三井のリハウス」に出てくる美少女そのものでしたから・・・恐るべし小坂菜緒。


別冊『カドカワ』に小坂菜緒・・

小坂菜緒

渡邉美穂と二人で別冊『カドカワ』からインタビューを受けた小坂菜緒。

雑誌のインタビューでは、強いアイドルへの「想い」からの合格とその後の不安・・さらには、けやき坂2期生のチームワークとけやき坂1期生潮紗理菜への憧れを語り、最終目標は、乃木坂46西野七瀬のようなアイドルとモデルと女優を兼任するような存在になりたいそうです。

因みに今回の渡邉美穂とのツーショットは、かつてのAKB高橋みなみと前田敦子のようでした。ひらがなけやき2期生は二人が牽引するようですね・・・そして固定センタは―小坂菜緒で決まりかな?

 

渡邉美穂 小坂菜緒2018年の小坂菜緒に注目です!


2018年、まずは武道館ライブで本格的な小坂菜緒のパフォーマンスが見れました。そして今回の「おもてなし会」の、2期生センターでのパフォーマンス。さらには、2期生の初楽曲『半分の記憶』のセンター抜擢。

このまま握手会でも、その美少女ぶりを発揮してくれることでしょう・・・2018年、小坂菜緒から目が離せそうにありませんね!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチ48&46』管理人のTAKAです。

TAKA

トレキャチ48&46は各マーケティング理論&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、過剰な炎上商法が裏目に出て苦戦中です。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し、アイドル界の頂点にたった乃木坂46。そして平手友梨奈という表現者により独自の欅坂世界観で楽曲を提供する欅坂46。さらにはカリスマセンターではなく多様性を重視して流動的センターで挑むひらがなけやき・・・この4つのグループのマーケティング戦略を基本にお伝えします。

 

カテゴリー