48&46グループの情報&哲学

【動画】『けやかけ』幕張メッセライブ2017感想

欅坂46
Pocket

『けやかけ』の特別番組?的な企画で放送された、欅坂46の全国ツアー公演の「幕張メッセライブ」に深く感動しました。欅坂のライブには、過去にも参加していますが、今回のツアーのように、1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』の世界観をどう伝えるか?をテーマに構成されているライブは初めてでしたので、テレビからでも伝わるものがありました。ここではその感想を書きたいと思います。しかし、やはりライブに行かなければ、本当の欅坂ワールドには浸れないと思いますので、再びチャレンジします。アンコールの『サイレントマジョリティー』と『不協和音』は本当に凄かったですね・・ライブ行きたかった~♪

Sponsored Link

『けやかけ』幕張メッセ2017


 

いきなり『エキセントリック』&『月曜日の朝、スカート切られた』からスタート

この2曲は、欅坂46のコンセプトを忠実に表現している楽曲ですね

歌詞では『エキセントリック』はサイマジョと繋がるものがり

物語では『月曜日の朝、スカートを切られた』がサイマジョと繋がっています・・・。

欅坂46のコンセプトは『サイレントマジョリティー』に集約されているので

いわゆる『サイレントマジョリティー』を軸に欅坂46の世界観は創られているわけです。


『君をもう探さない』では平手友梨奈が欅坂の世界へ
ファンを引き込む本気度が、行動からも伝わってきます。
平手友梨奈あっての、欅坂46の世界観ですから彼女も手を抜きません。

それにしも、ここまで世界観を創ることにこだわる平手友梨奈を見ていると
欅坂のセンターは平手友梨奈しかいないことを思い知らされますね・・・。

新ユニットのお披露目

『AM1:27』・・・・・・小林由依、鈴本美愉、平手友梨奈
ダンススキルに定評のある、平手、鈴本、小林がリズミカルな曲と共に見せる。
『バレエと少年』・・・・上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未
このメンバーだからできる、往来のアイドルステージを提供の『バレエと少年』
『少女には戻れない』・・石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂
青空とMARRYに対抗?五人囃子
『猫の名前』・・・・・・菅井友香、守屋茜、加藤史帆、佐々木久美
欅坂&けやき坂メンバーのユニットは今後も期待大ですね
『沈黙した恋人よ』・・・潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花
りまちゃんちっくが歌う『沈黙した恋人よ』が名曲ですね・・・作曲は杉山勝彦さんです。



Sponsored Link

青空とMARRYの風格

このユニットは、オーラというか風格が出て来てますねw


今泉佑唯完全復活『夏の花は向日葵だけじゃない』

ただただ感動・・・復活したからといって、無理はしないで・・ずみこ

でも、ゆいちゃんずロスなので・・・宜しくですw。今泉佑唯は歌で欅坂に貢献してくれそうですね。

最強伝説!加藤史帆!

やはり、なーこ教のかとしは変だw!そして『永遠の白線』はいい曲だ!



ねるはどこまで飛ぶんだ?

長濱ねる

 『太陽は見上げる人を選ばない』欅坂&けやき坂

こういう詞が書けるのが秋元先生の凄いところですね♪

欅の闇から解き放たれた風景が見えるような曲です。

欅坂&けやき坂の混合曲は、さらに増えるといいのになぁ・・

『太陽は見上げる人を選ばない』歌詞

アンコールは・・・ザ・欅坂46の世界

『サイレントマジョリティー』&『不協和音』


これが欅坂46・・・なんですよね。

TAKAHIRO先生が言ってた、平手友梨奈が創る『不協和音』の世界観

平手ひとりだけが、手で表現する欅坂のポーズを崩している・・・

欅坂の本当の不協和音がこれから始まる暗示なのか?

まだまだ、予想できない欅坂ストーリーは続くようです・・

5thシングルも平手友梨奈センターの欅坂が見たいですね。





Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー