48&46グループの情報&哲学

泣きすぎると評判の大園桃子がセンター抜擢で泣かなかった理由とは?

大園桃子
Pocket

align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align: center;">SPONSORED LINK
align:<style> .my_adslot { width: 300px; height: 250px; } @media(min-width: 500px) { .my_adslot { width: 468px; height: 60px; } } @media(min-width: 800px) { .my_adslot { width: 336px; height: 280px; } } </style> <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script> <!-- トレキャチ情報局記事中 --> <ins class="adsbygoogle my_adslot" style="display:inline-block" data-ad-client="ca-pub-1541719576607812" data-ad-slot="2981789485"></ins> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>

乃木坂46の未来を象徴する、18thシングルのセンターに選ばれた乃木坂3期生大園桃子。実は3期生の代表曲『三番目の風』でも立派にセンターを務め上げるなど、アイドルとしての素質は充分に備えている乃木坂メンバーなのです。ネットなどでは乃木坂の番組などを通じて「泣きすぎる」など、弱気な一面が伺える大園桃子ですが、乃木坂の活動、特にライブなどの本番には強い子で、なかなかの大物ぶりを発揮しているのですよ。こういった未知の可能性を感じさせるメンバーを好むのが、総合プロデュ―サーの秋元康先生です。今回、完成されている山下美月ではなく大園桃子が与田祐希とのWセンターに選ばれたのは、予想不可能のシナジーというか、乃木坂の未来へのイノベートを求めるなら大園桃子で行く!といった感じですかね・・。どちらにせよ今回は、それなりに犠牲も生じた中での大胆な改革に向かった乃木坂46・・・この改革の中心にいるのが大園桃子であるのは間違いなしです。果たして大園桃子はこれらの重圧に耐えることが出来るのでしょうか?

Sponsored Link

センターに選ばれた時は泣かなかった大園桃子


この瞬間、ほとんどの乃木坂ファンが思ったことは

「あれ?泣かないぞ?」だと思います

「大園は泣きすぎる」や「あざとい」などの言葉が飛び交うなかでのこうした反応は

大園桃子の本当の強さを垣間見ることが出来たのではないでしょうか?

乃木坂の未来への道を切り開くため

大切な位置づけとなった、今回の18thシングルのセンター人事

その重要さを肌で感じる大園桃子に泣いている暇などはないのです

大園が泣かなかった理由はそういうことだったのでしょう

おそらく大園桃子は自分でも気づかないほどの

高いセルフイメージの中で乃木坂の活動に向き合えているのだと思います

肝が据わっている大園桃子・・・・

これで、大園桃子&与田祐希のWセンターが楽しみになってきましたね!

Sponsored Link

大園桃子が輝くとき乃木坂の未来が開かれる


Sponsored Link

泣きすぎる大園桃子が可愛い♪

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー