48&46グループの情報&哲学

第9回AKB選抜総選挙!岡田奈々の順位が神7入りならAKBは変わる!

岡田奈々
Pocket

今回の第9回AKB選抜総選挙で箱推しの立場から気になることは、岡田奈々の順位です。岡田奈々の目標は神7のようですが、素晴らしいことだと思います。ぜひ達成してほしい思いですね。岡田奈々のように、劇場や握手会で評価を受けている子が総選挙の場でも正当に評価されることが今のAKBには大切なことであり、つまりAKBの外ではなく中での実績をメインに選抜を選ばない限りファンは減り続けるということです。昨年の総選挙では14位となり、AKB選抜の常連となった岡田奈々ですが、この一年はファンの期待通りの活躍だったのではないでしょうか?同期の突然の卒業やSTU48のキャプテン就任など本当に激動の一年でした。それでも岡田奈々は前に進み続けています・・・岡田奈々の愚直で真っ正直な性格からのアクションは、AKBのメンバーとAKBのファンには伝わり、AKB48グループ全体での成長に繋がっています。しかしながら、成長を後退させる出来事が多いのが今のAKBグループの悩みです。だからこそ、岡田奈々の神7入りは大きな意味があるのです。

Sponsored Link

神7への熱き想いを発信してます!



「努力は必ず報われる」という物語が継承されない限りAKBの箱推しは増えません

そういった方向にグループをもっていかないとダメなんです

岡田奈々は努力の継続力に長けており、AKBを正しい方向へと導けるリーダーです

それは、かつて理不尽な扱いを受け不遇時代を過ごしても腐らず

今の自分とつねに向き合い、自分とファンを信じて歩み続けた岡田奈々がいました

そして昨年の総選挙14位での選抜入りという結果で、自分の「努力」を形にしました

AKBの箱推しファンはそんな岡田奈々をつねに冷静に見ているのです

きっと今年も岡田奈々には昨年以上の箱推し票が流れることでしょう

 

未来のAKBに意味を持たないミリオンセラー達成責務や

炎上系プロモーションはもう必要ないのです

正攻法でメンバーを育て、コンテンツのクオリティを上げてさえいけば

AKB48というブランドの大筋は勝手にリブランディングされていきます

そのためにはメンバーや運営共々、適材適所の人材が必要になりますが・・・

そのための、岡田奈々神7入り!・・・なのです

岡田奈々!・・・頑張れ!

Sponsored Link

Sponsored Link

 

Sponsored Link


 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー