48&46グループの情報&哲学

小嶋陽菜の卒業公演でAKBメンバーが号泣した意味とは?

小嶋陽菜
Pocket

4月19日に行われた小嶋陽菜の卒業公演は、大きな感動と共に幕を閉じました・・・。ただ、小嶋陽菜が卒業したという現実からの喪失感があまりに強いことに今は正直戸惑っています・・・。これでAKBの創設時のメンバーで残っているのは峯岸みなみだけとなりましたね。つまり完全に古き良きAKB48が終わった・・ということです。もちろん、これからの新しいAKBに魅力がないわけではないです。現在の若手には、アイドルとしての魅力の高いメンバーが揃っていますので、AKBグループの未来は、世間が言うほど暗くはないと思うのですが、ここでハッキリ言えることは、「かつてのAKBはこれで完全にない!」ということなんです。それが小嶋陽菜の卒業なんです・・今それを強く感じるのです。


Sponsored Link

渡辺麻友&柏木由紀の号泣から読み取れる小嶋陽菜の存在

渡辺麻友 柏木由紀

卒業公演で印象的だったのは

渡辺麻友、柏木由紀の2人が順番に小嶋陽菜に近づいて歌おうとした時でした・・・

最初は渡辺麻友が小嶋陽菜に寄り添い

長い間、グループを支えてきたこじはるを自分たち後輩が送り出す大切なシーン

しかし、その歌声はあっという間に泣き声に変わってしまったのです

続いて柏木由紀も小嶋陽菜に近づいて歌おうとしましたが

その口から出たのは歌声ではなく劇場中に響く大きな嗚咽でした・・・。

過去にもメンバーの卒業公演やコンサートで

渡辺麻友&柏木由紀が泣くのを見たことはありますが

2人がこれほどまでに取り乱して泣くのを見たのは初めてでしたね

それほど、小嶋陽菜の卒業が持つ意味はAKBには大きいということですね・・・。

Sponsored Link

秋元先生が溺愛した小嶋陽菜がAKBを卒業する

秋元先生 小嶋陽菜

秋元先生からの手紙は・・感動的でした!

こじはるは、秋元先生からの愛情にも

AKB48での活動で、長きにわたり、しっかり恩返ししてきましたからね

本当に、本当に、お疲れ様でした・・・・。



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー