48&46グループの情報&哲学

第8回AKB選抜総選挙直前インタビュー&チームBの絆

柏木由紀 指原莉乃
Pocket

いよいよ数時間後に開票発表される『第8回AKB選抜総選挙』。当日、にゃんにゃん仮面こと、小嶋陽菜の卒業が発表され、別の意味で盛り上がり始めた今年の総選挙ですが、やはり注目は「さしまゆ合戦」と柏木由紀の順位ですね・・つまりチームB出身者の動向に注目が集まっているということです。結成当初はお荷物的な存在だったチームBが、現在のAKBの顔である、渡辺麻友、指原莉乃、柏木由紀を生み出しました。そして今回は3人にそれぞれの総選挙直前インタビュー動画のリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。

Sponsored Link


 

柏木由紀の審判が気になるところ・・・

指原 柏木三人の中で気になったには、速報での柏木由紀の票数ですね

昨年より、1万票も少なかったから・・・理由はわかりますよね?

ただこれは、今まで沈黙を守ってきた柏木由紀ファンの葛藤の表れであり

静かな抵抗・・・かもしれませんね、最終審判は数時間後です!

そこである意味、あの出来事を清算してもいいのでは?とも思います。

柏木由紀直前インタビュー「私は都合のいい女」

指原莉乃直前インタビュー「やっぱり負けたくない」

Sponsored Link

あからさまに語る渡辺麻友が素晴らしい

渡辺麻友
とてもよかったのが渡辺麻友のインタビューです!

総選挙にも、いい空気の中で挑めてます・・

渡辺麻友直前インタビュー「王道アイドルを演じてますよ」

 

さぁ、いよいよです・・・楽しみましょう!

チームB

Sponsored Link

関連記事

コメント

    • _
    • 2016年 6月 19日

    深川まいまい乃木坂46卒業したけど、みんなが大騒ぎするほどのことなんだろ〜か?彼女が卒業直前のインタビューに答えてたけど卒業後は一切未定と。多分芸能界は引退だよね。もしくはローカルタレントとかね。彼女の愛情とか、メンバーの言う通りならそれはそれは海よりも深いものだったのかもしれないけど、愛情だけで世渡りなんてできるはずもなく、芸能界もまたしかり。指原みたいな図太さがなきゃ足跡の一つも残せるはずもなく、やっぱり“乃木坂のまいまい”ってのが大きかったんだと思うよね。その意味では、実はまいまいこそが他のメンバーたちから庇護をもらってたみたいな?まいまいがおバカさんじゃないなら自身が一番よくわかってたはずで、仮に27まで続けるのと、25の今きっぱり足を洗って一般人として幸せを追求するのを天秤に架けたとき、アイドルとしての限界を思い知ったんでしょうね。賢明な判断だったと思うし、25過ぎてからの2年間とかアラサーだけに相当でかいからね。

    • (^3^)/
    • 2016年 6月 23日

    AKBの村山ゆいりーがなぜ総選挙不出馬だったのか?しかも2年連続でもって。多分自分に自信がもててないってのが率直なとこでしょ〜ね。果たして自分に投票してくれるファンの実数もよくわかんないみたいな?たとえば加藤玲奈、高橋朱里、ゆいりーの3人を比較したとき、ルックスだけをみれば3人3様で、所謂正統派と呼ばれる加藤玲奈が突出した美形という話でもないと。しかも今度の総選挙では、先輩格の加藤を抑えて朱里が15位に入るみたいな感じで、ここは朱里のチーム4キャプテンとしての奮闘が素直に認められたんでしょうね。ま、朱里のいいとこは、チームのメンバーのいいとこ見っけて必ず誉めてあげること。絶対にディスらないとこがキャプテンとして素晴らしいんだけど、それ抜きにしても与えられた仕事をちゃんとこなして、朱里&奈々体制のチーム4は立派でした。さて、ゆいりーですけど、ルックスは悪くないし、性格も悪い噂を聞かないし、発言してる内容もまともなんで、アイドル的には物足りないと思われたりもするんでしょ〜ね。その意味で引かれ気味というのか。勿体ないと思います。ゆいりーとNMB渋谷凪咲とHKTジーナ3人を強引に絡ませる荒療治とか結構いいと思うんですけどね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー