48&46グループの情報&哲学

menu

トレキャチ48&46

欅坂46『サイレントマジョリティー』歌詞の意味から見えたビジョン

欅坂46
Pocket

欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』の発売日は本日となっております。初回売上枚数、現段階で発表されていませんが気になりますね。フルMV公開も再生回数が脅威の300万回突破で、この異例事態により、CD発売後からも延長でフルMVも公開することになり、その辺りはSONYのプロモージョンの巧みさに脱帽しました・・・。そして今回は『サイレントマジョリティー』の歌詞の意味の分析から、欅坂46のビジョンを紐解いてみようかと思います。秋元先生がなぜ?このような歌詞を書くことになったか?勝手に分析です(笑)。まずはMVをどうぞ!

Sponsored Link


 

『サイレントマジョリテー』MV公開延長決定!


歌詞全文はこちらよりご覧ください↓

欅坂46『サイレントマジョリティー』

Sponsored Link

欅坂メンバーの潜在能力を引き出すための歌詞構成?

欅坂46
「欅って、書けない?」でMCを担当する土田晃之さんが

この曲の歌詞についての第一声が「尾崎豊のようだ!」と言っていましたが

まさにその通りで、現代社会や大人社会への従属からの反発心で書かれていますね

ただ、思春期の頃は誰もが通ってくるプロセスのようなものであって

おそらくこの歌詞は欅坂がメインターゲットとする思春期世代に対するメッセージであり

戦略として、デビューシングルからメインターゲット支持を得るために書かれた見方があるのと

あとは「育ちのイイ」欅坂メンバーが秋元先生からは物足りない?

つまり猫をかぶっている印象が強かったのかもしれませんね

ですから、社会反発の歌詞を書くことで熱くパフォーマンスをすることが余儀なくされ

欅坂メンバーの潜在能力を一気に引き出そうとしたのでは?と分析しています。

それは現在のメンバー、特に平手友梨奈を見れば一目瞭然ですよね?まさに化けた・・ですね。

ただ、このまま欅坂46が尾崎豊路線で進むかと言えば

それはあり得ないと思います・・・。

あくまでもデビュープロモーションの戦略です、『メチャカリ』のCMもそうですね、ブレがありません。

 
今回の『サイレントマジョリティー』のここまでのプロモーション戦略は完璧です

そしてここから欅坂46を、どのようにブランディングしていくのか?楽しみです♪

最後に欅坂メンバーの個人インタビューはこちらです↓

『欅坂46 SCERRN TEST』

 

関連記事

    • 海流の島より
    • 2016年 4月 07日

    我々の仲間内でも「殻を破れ」という
    メンバーへのメッセージが込められているという
    見解がありました。ホントたしかに。
    納得するところ大きいです。

    8か月前の記者会見を今見てみると(もうそんなに経つのか!?)
    メンバーの表情もずいぶんと変わったような気がします。

    狭義な自由が幅をきかせている現在だけに
    ちょっと時代錯誤かなとも思ってもいましたが
    こうした脱却の詩はいつの時代も
    若い世代の胸を打つのですね。
    ただデビュー曲のセオリーとは異なる楽曲でのスタートだけに
    2ndシングルの選曲は相当に慎重を期してほしいかも。

    メインターゲットは思春期世代……思春期……。
    うーん、そうなんですよね、
    パブに活用してるツールもイベント日程も
    すべて若者向けなんですよ…
    いや…いいんですけど、うん……うーん(当方四十路)。

    • TAKA
      • TAKA
      • 2016年 4月 09日

      初回の売り上げ枚数、私の欅坂の記事で
      「現段階で制服のマネキンの時の乃木坂」と評した結果
      その通りになりましたね・・・。
      つまり、いかにコンテンツマーケティングを理解した人が運営にいるか?なんです。
      2ndは路線を変えてくると思いますよ
      メインターゲットもその都度、変えてくるでしょう。
      そういうことが出来るのが、欅坂の強みです
      でもこれ、かなりすごいことです。

      実はAKB、特にチーム8には、こういった路線で戦えるメンバーは揃っています。
      ただ過渡期を理解していない、今のAKB運営には荷が重いプロデュースになりますね
      神聖な総選挙も、にゃんにゃん仮面の出馬とか?どこから来たのその発想?
      本当にやばいなぁ・・AKB・・・。

      坂道シリーズ、ますます発展しますね
      今後も私は冷静な判断による発信を続けていきますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031