48&46グループの情報&哲学

乃木坂46西野七瀬『釣り堀』MV癒され名曲

西野七瀬
Pocket

乃木坂46、14thシングル『ハルジオンが咲く頃』のカップリング曲、今回は西野七瀬『釣り堀』です。いや~癒されますね~♪西野七瀬の声質は、せつなさを感じさせますよね?そしてこのルックスですから・・・まぁ、大抵の男はやられますね。『釣り堀』も今後のコンサート、西野七瀬ソロパートで披露されるとなると、テンションが上がります。2016年、最初のシングルは深川麻衣卒業ということもあり、まいまいがセンターですが、個人的に今年の乃木坂戦略を分析しますと、今後のシングルのセンターは西野七瀬が基本体制ではないかと読んでいます。もちろん、白石麻衣生田絵梨花などとの絡みはあると思いますよ、ただ、やはり存在感は別格なんですよね、ななせまるは・・・そう感じられる方は乃木坂ファンの中では少なくないかと思われます。話は変わりますが、先日、デビューシングルのMVが公開された欅坂46ですが、ここにも未来の西野七瀬がいるのでは?と二列目、三列目に自然と注目してしまいます。普通の少女がアイドル活動を通じて「覚醒」していくのを西野七瀬から観てきましたので、あの時の感動をまた欅坂のメンバーにも求めてしまいますね。それほど西野七瀬は最初は目立たない一人の少女でした・・・そんな西野七瀬の癒し名曲『釣り堀』のMVをどうぞ!

Sponsored Link


 

西野七瀬『釣り堀』MV


歌詞はこちらよりご覧ください↓

西野七瀬『釣り堀』

 

Sponsored Link


 

2016年も乃木坂のセンターには西野七瀬がいる・・

西野七瀬

深川麻衣卒業からのセンター曲『ハルジオンが咲く頃』

発売される頃には耳になじみ、ヘビロテ化する春の曲ですね、いいですね♪

そして、まいまい卒業で14thシングルとしての「流れ」は理解できました。

次なるシングルのビジョンとしては

カップリング、御三家『急斜面』中元日芽香単独センターのアンダー曲『不等号』

そして、西野七瀬『釣り堀』という位置をから分析して

次回、15thシングルではアンダーメンバー数名の選抜入りがあり

御三家の存在感が増し、2016年の乃木坂はまた大きく動きだすことでしょう

そしてその中心にいるメンバーはやはり西野七瀬だと思われます・・・。

きっと2016年に西野七瀬の覚醒が完了します・・・皆さん乃木坂を引き続き堪能しましょう!

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー