48&46グループの情報&哲学

SKE48松井珠理奈が卒業メンバー続出でも踏ん張る理由

松井珠理奈
Pocket

推しメン、松井玲奈の卒業から松井珠理奈のAKB兼任解除まで、少しSKE48の情報収集については、次回シングル発売まで止めていたのですが、宮澤佐江の卒業、さらに相次ぐ未来のSKEメンバーの卒業発表に「何かが起こっている?」と感じ、19thシングル『チキンLINE』の発売より、情報収集を再開しています。確かにいろいろあるようです。「いやいやSKEは今までも大量卒業を経験しているから大丈夫だよ!」の声が聞こえてきそうですが、正直、今回はどうかな?と思わざる得ないのが私の印象です・・・。矢神久美、桑原みずき、平松可奈子、小木曽汐莉などの9名が卒業したあの頃とは何かが大きくちがうように思えます。ただ、この時の9名全員が完全に前向きな卒業だったか?と言えば一概には言えませんが、現場で『SKE48春コン2013変わらないこと。ずっと仲間なこと』を観た限りでは、SKEでやりきった感はこの時の卒業メンバーからは充分感じ取ることができました。今回も宮澤佐江、梅本まどか、磯原杏華はまだわかります、ですが山下ゆかり、ドラフト生の小石久美子、そして衝撃的だったのは宮前杏実の卒業発表です。「次なるステップの前向きな卒業」から「SKEでは自分の居場所は作れない」への卒業になっていないのか?と疑いたくなるような宮前の卒業でした。メンバーの努力ではどうすることも出来ない、新たな現実がこの半年で存在するとしたら?それは大きな問題ではないでしょうか?そして、松井珠理奈は今、本当のところはどう思っているのか?気になるところです・・・。

Sponsored Link


 

加速するSKEのAKB化?大丈夫かSKE48

SKE48

SKEのあるファンから頂いたコメントをそのまま載せます

リアルなSKEの状態が垣間見れるかと思います・・・。

初めまして。
最新シングルを日本ガイシコンサートで見た感想ですが、曲とダンスの激しさはクールな格好良さを感じたんですが、歌詞が曲やダンスとマッチしてない印象でした。歌詞を生かすならあそこまで激しいダンスナンバーにしなくても良かったかなと思いました。歌詞、曲、ダンスは個々で悪くないので、後はそれらを総括的にまとめられる人材が必要と感じました。
あと、SKEの今後ですが、正直不安ですね。
かつて大量卒業があっても箱推しファンは減らなかった気がしますが、今はSKEファンとしてストレスを感じてますね。
というのも、SKE運営のメンバーの推し方が公演パフォーマンス重視からAKB(AKS)運営の選ぶテレビ映り良さげ優先になって、公演からのSKEファンの感覚と解離した気がします。仮に綾巴ちゃん楽々ちゃんを推すなら選抜ポジションに置くだけでなく、大々的にプロデュースして彼女らの良さを売り込んで欲しいと思います。
他に、大組閣による主軸引き抜き&AKB中堅メンバー押し付け、SKE個別シングル発売開始がAKB個別売り切りまで待たないといけない等、活動に制限がかけられて、SKEの独自性が保てないことに不満が感じられます。
SKEシングルは松井玲奈卒業で売上低下はやむ無しの状況ですが、乃木坂みたいにAKBと離れた活動ができないとますます箱推しファンは減るのではと心配してます。
以上、長文失礼しました。
※トレキャチAKBアメブロ版 2016.3.16 より引用

こう言ったリアルなご意見を多数頂戴しております・・・。

しかしこれは、SKEだけの問題ではなくAKB本体の問題でもありますよね?

あと前々から言ってますが

運営側、特にAKB運営はAKBグループのファンに対する見識が甘すぎるように思えます?

我々AKBグループの熱烈なファンは

一時的な爆発人気からAKBが下降したとしても離れたりはしませんよ

AKBヲタはAKBに対して、それぞれ「哲学」を持って接しています

その中でAKBファン同士が共有しているところは

AKB全体の新たなチャレンジであり、さらには推しメンの成長から来る感動なんですよ

このグループには何度も何度も感動させられたから応援してるんです!

感動を追及するマネジメントを忘れないでほしいです

そうすれば売り上げは必ず後からついてきますよ、そして私たちヲタが底上げしますよ

それなのに、ミリオン絶対条例を引き、握手会では選抜に関係のない姉妹グループメンバーの参加

ミリオンがやばいとなると個握を増やし、人気メンバーに助けてもらうという商法

やばくないですか?AKB?ってなりますよね?

運営側も気づいているなら、変えていきましょう・・・でないと終わりますよAKB、本当に。

Sponsored Link


 

それでも松井珠理奈は踏ん張るその理由とは?

SKE48

ただそんな厳しい状況でも松井珠理奈は踏ん張っています・・・。

本当のところ珠理奈は、今にもその場にへたり込みたいか気持ちがあるかと思います

「でもそれは出来ない、なぜなからこの子たちがいるから」・・そんな声が珠理奈から聞こえてきそうです。

SKE48には「未来のSKE」を創るであろう逸材が目白押しです!

そしてそんな若手SKEメンバーと未来のSKE48のために名古屋に完全帰還した松井珠理奈

松井珠理奈が踏ん張るのは、SKE48への恩返しのためなんですよ

そのためにも若手を自分の力で育てなければ・・・その熱い想いだけが珠理奈を奮い立たせています

『大声ダイアモンド』のデビューより、何度も何度も倒れては起き上がってきた珠理奈・・・頑張ってください

引き続き、私は松井珠理奈を応援します・・・負けるな!珠理奈!

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー