48&46グループの情報&哲学

【動画】SKE48『チキンLINE』MJ披露で卒業ネタ振られる

SKE48
Pocket

SKE48の19thシングル『チキンLINE』が、3月30日に発売されます。前回、松井玲奈のセンターの『前のめり』から、7ヶ月ぶりとなる新曲は、アニメ映画「プリパラ」の主題歌になっています・・・。センターは松井珠理奈、サイドには北川綾巴と前回に続き後藤楽々という布陣、SKEは松井玲奈に続き、宮澤佐江も卒業します。そしてその他のメンバーにも卒業が相次いでいます・・・宮前亜実、小石久美子、山下ゆかり、梅本まどか、磯原杏華など、磯原と梅本は中堅として、長年SKEを支えた功労者であり、卒業時期を迎えたことも納得できるのですが、小石はドラフト生、4期生の山下ゆかりにも期待していましたが、一番は、宮前杏実の卒業がショックでしたね・・・。『12月のカンガルー』では、綾巴とWセンターを経験し、SKEのこれからを託せるメンバーの一人でしたから・・・。ただSKEは、今までにもこのような大量卒業は何度も経験しています。そしてその度、リセットして、新生SKEで新しい船出を繰り返し、箱推しの支持も継続的に得てきました。しかし今回は勝手が違うようですね・・・珠理奈が言うように、本当に危機なのかもしれません。そしてその最大の理由のひとつは松井玲奈がいないからですね。ほとんどの方が、松井玲奈のSKEでの影響力を知らないようですが、そうですね・・簡単に言いますと、HKT48に指原莉乃がいなくなることくらいですかね、わかりやすいでしょ?SKEのこれからについては、また近日中に書きましょう。今回は19thシングル『チキンLINE』を紹介します。先日、テレビ初披露された、MJバージョンです。

Sponsored Link


 

『チキンLINE』ミュージックジャパン初披露

卒業メンバー続出の質問もユースケから振られます

皆さんは、どうですかね?

SKEに対して贔屓目の私ですが、正直、評価に悩みます

歌詞、曲調、選抜布陣などなど・・・7カ月ぶりの勝負表題曲にしては?どうかな?

衣装的に『Escape』に似ていたので、私なりの期待値が大きかったのかな?

ちなみにこちらが『Escape』です、表題曲ではないのですが

激しいダンスとSKEらしさが前面に出ている完成度の高い曲です

東李苑のキーボードもカッコいい!


Sponsored Link


 

北川綾巴と後藤楽々に寄せる大きな期待と課題

後藤楽々 北川綾巴

『チキンLINE』の選抜はこちらです

松井珠理奈、北川綾巴、後藤楽々、高柳明音、古畑奈和、柴田阿弥、江籠裕奈

大場美奈、木本花音、大矢真那、東李苑、谷真理佳、二村春香、須田亜香里

惣田紗莉渚、菅原茉椰、熊崎晴香

新しいところでは、熊崎と菅原ですかね。小畑優奈ではなく菅原かぁ・・なるほど

あと松村香織は、外れましたか・・・

総選挙で珠理奈、宮澤佐江と来て、SKEでは3番目の13位なのに

SKEの選抜に入れないのは、どうなのかな?かおたんファンのモチベーションが心配です・・・。

今回、綾巴と楽々は結果を求められますよね?

特に楽々は前回の『前のめり』と立ち位置が同じなので、成長が大切です。

それも目に見える成長と伸びしろの確認ですね

綾巴は、佐江の魂を受け継いで、珠理奈と共にSKEを牽引することが出来るか?

二人にはSKEのファンと運営の期待、そして個人としての課題に向き合い、戦って勝ってほしいです。

今回の『チキンLINE』の最終評価は、3月30日の初日でハッキリしますので、待ちましょう・・。

もちろん、SKEを応援してますので、私は買いますよ!踏ん張れ、SKE48!

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー