48&46グループの情報&哲学

乃木坂は生駒里奈の市場人気だけで価値を決めてはならない

生駒里奈
Pocket

いよいよ明日ですね紅白発表!やはりドキドキします。乃木坂ファンならきっと落ち着かない日々を送っていることでしょう。ただ、こういう心境も楽しむ方がいいかもしれませんよ、乃木坂メンバーと「想い」を共有できているわけですからね。AKBファンはもう味わえませんから・・・このようなドキドキは・・。話は変わりますが。年明け2月に京都で乃木坂46の握手会があります。もちろん参加しますが、さすがに売れてますね、2期生も順調に売れてるんですよ。因みに私の乃木坂の推しメンは衛藤美彩なんですが・・完売でした(笑)。あと少し気になったことがありまして・・・それは乃木坂最大の功労者でもある生駒里奈が意外と残ってるんですよね、生駒に関しては、AKBとの交換留学生の頃から特に気にかけてました。正直、AKBにはハマってなかったので・・彼女は自分の役目を全うしただけですからね、つらかったと思いますよ。そんな生駒里奈が乃木坂でも、つらい思いをするのかな?と思うと一言書きたくなりました・・・

 

正統派アイドルとしての乃木坂46の大躍進は2016年から

乃木坂46

 

乃木坂46にとって、紅白出場とは昨年のこともありメンバーとファンの祈願となりますが

もう一つの意味としての紅白出場とは、AKBグループとの違いを視聴者に伝えることだと思うんですよね

ビジュアルもそうですが、楽曲の質の高さとたたずまいというか雰囲気ですね

今回の紅白出場で乃木坂は一気にその存在が全国区となります

そうすることで2016年からは正統派アイドルとしての地位の確立に入るかと思います

特に『命は美しい』のような楽曲路線は重要視され、今後増えるのではないでしょうか

つまり正統派感を強く押し出す戦略で乃木坂のイメージを固定するというか・・・

そうなると生駒里奈の「立ち位置」が微妙になってきます

今の位置より下がるか、選抜落ちも経験するかもしれません

乃木坂46の大躍進は2016年からです

ただその大躍進の中で生駒里奈はさらなる試練と戦っていくことになるでしょう。

 

Sponsored Link


 

正統派で固まり過ぎると軌道修正が困難となる

大切なのはほどよいバランスをチームに与えるメンバーの存在

高山一美 秋元真夏 白石麻衣

先駆者であるAKB48ほどではないですが

乃木坂46もここまで本当に試行錯誤を繰り返してきました

そして辿り着いた正統派アイドルとしての確固としたスタンス

ですが、完全なる正統派アイドルでの固定は面白みに欠けることとなります

その結果、軌道修正を余儀なくされても対応できなくなるでしょう

だからこそ大切なのはチームのパワーバランスですね

そして現在の乃木坂46のそういったバランスを取っているメンバーが

秋元真夏高山一美であり、生駒里奈なのです

乃木坂46の隠し味的な存在の彼女たちをこれからも活かす戦略が重要なことを

乃木坂運営は忘れないでほしいですね

まぁ、ここの運営はAKBとちがってしっかりしているので大丈夫かと思います。

Sponsored Link


 

生駒里奈は今まで通り生駒里奈でいい

生駒里奈

現在の乃木坂46の大躍進は、生駒里奈の存在なしでは考えらえません

それほど生駒は乃木坂46にすべてを捧げてきました

ただ何もかも受け入れてしまうところがあるので、そこはうまくやってほしいですね

これからの乃木坂にとっても、チームのパワーバランスを安定させるのは生駒里奈です

ですから、一時的な市場の人気で生駒里奈の価値を決めないようにしましょう

そしてここでもっと大切なことですが

AKBグループと乃木坂とのバランスを取れるのも生駒里奈しかいないのです

またこの話は今度書きますね

結論ですが、生駒里奈は今まで通り生駒里奈でいい・・です。  ガンバレ生駒ちゃん!

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー