48&46グループの情報&哲学

松井珠理奈の名古屋帰還でSKEの世代交代が始まる

松井珠理奈
Pocket

松井珠理奈のAKB兼任解除の日が決まりましたね。12月の24日のクリスマスイブ、秋葉原のAKB劇場での壮行会と言う名のラスト公演となります。珠理奈、本当にお疲れ様でした。そして名古屋をたのみますよ!今回、松井珠理奈の気持ちを名古屋帰還へと傾けさせた最大の理由は次世代と呼ばれる後輩の徹底指導です。ただSKEは若手と中堅のバランスも良く、ここにエース松井珠理奈のSKE完全専任は、SKEの課題のひとつでもある地域密着を徹底することができる、またとないチャンスになります。それにより一気に世代交代も始まるでしょうね。SKE48はアイドル活動におけるすべてのことについてAKBグループのお手本になりえるグループですので、このブログでもSKEの取り組みをどんどん紹介していきます。そしてその先駆けが、新ユニット5組のスタートですね。珠理奈も今回の重要なユニットになる、SKEの次世代エース候補が集まった『ラブ・クレッシェンド』参加することになりました。もちろん、珠理奈が最年長です。あとネットではいろいろと叩かれていますが、このユニットは松井珠理奈が入ることで成り立つことが後でわかりますので、黙っててほしいですね、まったく・・・。

 

『ラブ・クレッシェンド』の成功がSKE48の再躍進の鍵となる

ラブ・クレッシェンド

今回選ばれたメンバーは、まさしくSKE48の次世代エース候補ばかりです

北川綾巴、後藤楽々、熊崎晴香、江籠裕奈、小畑優奈、菅原茉椰

バランスもいいですね

7期生だけでなく、ドラフト生からも抜擢するなどは、とてもいい傾向です。

その中でも私が注目するのは、小畑優奈です。

小畑優奈

7期は、前回シングル『前のめり』で選抜に選ばれた後藤楽々が注目されがちですが

7期の中では、小畑優奈のアイドル力は、飛び抜けています!

アイドルオーラは研究生の頃の島崎遥香に似ていますね・・・。

因みに研究生の頃のぱるるより数段、歌えてダンスもうまいです・・・(笑)

この夏に行われた、美浜海遊祭でのSKEイベントでの『不器用太陽』ソロパートを

見事に歌い切ります・・・。まさにSKEのスーパー研究生です。

 



 

Sponsored Link


中堅は古畑奈和に大躍進の予感・・次回シングルセンターあるかも?

古畑奈和

他のユニットで興味があるのは、古畑奈和東李苑『フルマリオン』

もともと歌唱力と表現力には定評がある二人

特に古畑奈和は、北川綾巴と並ぶ、ポスト松井玲奈の最右翼ですね

2016年からはさらに多くのチャンスをもらい大躍進するのではないでしょうか?

2016年度中のSKEのシングルセンターもあるかと思いますよ。

ただし、古畑自身がガツガツ行くことが大切ですが・・・・

SKE48は、中堅も若手も確実に育っているのです。

 


 

エースが名古屋に帰還したことで地域密着を徹底することが大切

松井珠理奈 後藤楽々

SKEはAKBグループの中でも、着々と未来に向けての準備が出来ている貴重なグループです。

あと箱推しという地盤もしっかりしているので、少々のピンチがあったとしても

総崩れはまずないでしょう。

ただだからこそ愛知県を中心にした東海地方に

しっかりと根付いたアイドルグループとして地域密着を徹底することが大切です。

まだまだSKEの知名度は、東海地方でも高くはないのです

そのことについてはメンバーも痛感していることだと思われます。

そのためにも名古屋のローカル番組のレギュラーを数多く獲得すること

さらに、ローカルスポンサとの関係も重要ですね

例えば『ココ壱』とか『アルペン』です。

ローカルCMほど、浸透が早いものはないですからね

 

エースが帰還し、中堅と若手が育ち、ファンの箱推しが安定し

さらにはローカル番組とローカルCMでイメージアップをはかり

地道に公演と小規模のイベントコンサートを東海地方の各町で開催すれば

SKE48は最強アイドルとして再度攻勢に転ずることでしょう。

松井珠理奈、名古屋帰還のSKE48に大いに期待しましょう!

 

Sponsored Link


 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー