48&46グループの情報&哲学

杉山勝彦という天才作曲家が奏でる世界観と乃木坂46

杉山勝彦
Pocket

私がアイドルグループAKB48、そして乃木坂46に魅了されたキッカケの中で、大きくウェイトを占めていたのが楽曲のクオリティです。秋元康氏が発信する詞の奥深さに素晴らしく、またその詞に見事なメロディが加わり名曲が誕生します。そしてその名曲をアイドルが独自の世界観で歌い上げることで、私は心を打たれ、この二つのアイドルグループを応援するようになりました。「たかがアイドルされどアイドル」です。それまでの私の中には存在することがなかったアイドルへの価値観・・・。そしてそれは現在も大きく膨れ上がっております。そしてAKBグループ、乃木坂46の新曲が出るたびに「この曲は誰の作曲家かな?」と必ずチェックするようになりました。そんな私が今もっとも注目している作曲家がいます。その方はAKB48にも多数の作曲をしているのですが、特に乃木坂46の世界観を世間に鮮明に認知させることになった曲を担当された天才作曲家です。その方の名は杉山勝彦氏です。私が最初に杉山氏の作曲の素晴らしさに気づいたのは、前田敦子の卒業曲『夢の河』でした。杉山氏が奏でる楽曲から前田敦子の卒業に至る「今までとこれから」という世界観が見事に目に浮かんだのです。その後、杉山勝彦氏の天才ぶりを乃木坂46を通して堪能することとなります・・・・

Sponsored Link


 

アイドルの曲では異端とも言えるアプローチで仕掛けた

『制服のマネキン』



乃木坂46において、私が最初に衝撃を受けた曲がこの『制服のマネキン』です

そしてこの曲を作曲したのが、杉山勝彦氏になります。

デビュー曲の『ぐるぐるカーテン』セカンドシングル『おいでシャンプー』など

フレンチポップをベースとした楽曲での清楚系アイドル路線が

乃木坂46のコンセプトと思っていましたからね・・・衝撃的でした。

90年代のユーロビートサウンドを彷彿させ、マイナーキーを多用するメロディ

6度音程内の狭い音域で歌われるサビなどは

アイドルの楽曲としては異端とも言えるアプローチでとても斬新でしたね。

そしてもう1曲、杉山氏の天才ぶりを発揮した曲が『君の名は希望』

主旋律が生田絵梨花のピアノで成立させるので

ユニゾン歌唱が活きる合唱向きでさらにリスナーを飽きささないのがテーマですが

ここでも見事に名曲を創り上げた杉山勝彦氏

この2曲は、それからの乃木坂46を作曲する上で杉山氏以外の作曲家のベースになっているみたいですね


元乃木坂46松井玲奈の卒業曲『前のめり』は

っと評価されるべきです

松井玲奈 生駒里奈

松井玲奈の卒業曲『前のめり』も作曲は杉山氏です。

私の推しメンのセンター曲を担当していただいことに、感激でとても感謝しております

そして期待以上の名曲となりました。

松井玲奈の「何事にも手を抜かない頑張り」が完璧に表現されています。

ただもう少し高い評価があってもよかったのでは?とも思います・・・。

ギター音源を再度、聴いてみてください、素晴らしいですよ。


 天才杉山勝彦が奏でる乃木坂46の新たな世界観に期待しましょう!

2015年は『僕がいる場所』さらには西野七瀬ソロ曲『ひとりよがり』などを作曲

ただ現在は、個人としての音楽活動『USAGI』に力を注いでいるようなので

なかなか乃木坂メインとはいかないようですが

やはり杉山氏には2016年からも乃木坂46の新たな世界観への

楽曲をお願いしたいですね。

秋元先生もきっと猛アプローチをかけることでしょう!

乃木坂の楽曲に関しては、細心の注意を払いプロデュースしているのが伝わりますから

Sponsored Link

乃木坂『きっかけ』はミスチル桜井和寿氏も絶賛!


2016年、乃木坂の大躍進は止まりません!

『きっかけ』は2ndアルバムの『それぞれの椅子』のリード曲で

あのミスチルの桜井和寿さんもカバーするくらいの名曲です。

もしあなたが「たかがアイドル」といった偏見で、聴き逃されているなら、ぜひ一度、お聴きください。

橋本奈々未の卒業曲『サヨナラの意味』は深いです・・・

乃木坂の御三家の一人、橋本奈々未の卒業は乃木坂ファンにとっては衝撃的でしたが。

杉山勝彦さんの『サヨナラの意味』の作曲で、ななみんの卒業が綺麗に演出され、感動に変わりました。

『サヨナラの意味』は、何度も何度も聴きますが・・・・これまた名曲です!

2017年の現在、杉山勝彦氏は、乃木坂&欅坂の坂道シリースを中心に楽曲を提供してくれています。

乃木坂の楽曲には、杉山勝彦あり!2017年の後半も楽しみですね♪

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメント

    • KT
    • 2016年 5月 25日

    当然、杉山勝彦さんは素晴らしいですが、有木竜郎さんも楽曲に大きな影響を与えています。

    有木竜郎さんはピアノ演奏、弦編曲(バイオリンなどの弦楽器のストリングアレンジ)をしています。
    AKBの夢の河はピアノ、ドラム、ストリング(弦楽器)といったシンプルな構成でピアノとストリングは楽曲に大きな幅を利かせています。
    実際に制服のマネキン以外の杉山さん作曲の乃木坂曲はすべて有木竜郎さんとの共作です。また杉山さんの楽曲提供した中島美嘉のDearや杉山さんのバンドUSAGIの多くの曲も有木さんとの共作です。

    杉山曲を語るうえで有木さんの存在も欠かすことのできない存在だと思います。
    ちなみに有木さんは杉山さんの大学の後輩みたいです。

    • TAKA
      • TAKA
      • 2016年 5月 25日

      貴重な情報、ありがとうございます!
      本当ですね、杉山さんの楽曲のほとんどに関わっていますね

      後輩ということは・・・早稲田ですね。

      音源をもう一度楽しんでみます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー