48&46グループの情報&哲学

指原莉乃がHKTの紅白出場危機に乃木坂46の大躍進を語る

指原莉乃 さし坂
Pocket

指原莉乃が今回の紅白出場発表の件について今の心境を語りましたね・・。昨日放送された松本人志のトークバラエティ番組『ワイドナショー』でゲストコメンテーターで出演した指原莉乃、話題が紅白出場になると指原は「AKBは多分は出ると思うんです、HKTは去年初出場で・・・。今年は乃木坂と言うグループが売れてきてるので、HKTは厳しいんじゃないかな・・・」と冷静に分析していました。かつては『さし坂』や自分のソロのバーター的な扱いでコラボをしていた乃木坂の大躍進は、HKTだけでなくAKBグループ全体に危機感を抱く指原にとって、無視できない存在となっているようですね。まぁ指原のことですから、乃木坂の存在について、ネガティブな捉え方はしていないと思います。先日も中居正広の新番組『Momm!!』で乃木坂メンバーと共演した際も、指原なりの乃木坂研究が出来てる感がしっかり出てましたからね・・・。

Sponsored Link


 

AKB48グループと乃木坂46のバラエティ比較

乃木坂工事中

指原は研究していると思いますが、現在のAKB48グループ乃木坂46のメディア戦略のひとつに

各バラエティ番組のレギュラー枠がありますよね

まずAKB48グループのレギュラー番組には「ターゲットが見えてこない」ことが多いです

私はAKB関連のすべての番組をチェックしていますが

いつも思うことは「これって、誰が観たいのか?」となります。

既存ファンもこのクオリティで納得するのかな・・?がAKB48グループのバラエティ番組の感想です。

ちなみにそれでも私はAKB48グループの大ファンですが・・・。(笑)

唯一、AKB48を伝えきれている番組は『AKB48SHOW!』ですかね。

 

かたや乃木坂46のバラエティ番組『乃木坂工事中』ですが

まず乃木坂はターゲットが明確です。

この番組のターゲットは乃木坂ライトファンになり

番組の構成としては、ライトファンが中堅ファンに成長するようになっています。

そして学生、特に大学生を中心に新規ファン獲得にも成功してますね

セグメント分けがハッキリしているということです

この番組では、毎週メンバーひとりに企画を与え

ファンの方に、よりメンバーを知ってもらうというコンセプトも明確です

番組で企画絡みに紹介されたメンバーをファンは深く認知することになり、そのまま応援するようになります

さらにシングルごとの選抜メンバーを番組中に発表するというシリアスな回も設けており

バラエティの中に、マジな部分を盛り込み

乃木坂のストーリーにターゲット視聴者を見事に巻き込んでいるのです。


Sponsored Link


 

指原莉乃と指原共和国の子供たちになってない?

指原莉乃  フット後藤

では同じバラエティでも『HKTのおでかけ』はどうでしょう?

こちらの番組は、HKTメンバーが九州中心のご当地などに毎回ロケに行き

メンバーが奮闘しながらいろんなことにチャレンジするのですが・・・・

実は番組の前後にMCの指原莉乃とフットの後藤輝基の掛け合いトークがあることで

この二人が完全に目立ってる番組になっています。(笑)

さらに「MC二人の未公開トーク」などの回もあるので、「HKTの~」はどこへ?と思うのですが

この二人のトークがとてもおもしろい過ぎるので仕方ない仕上がりになっています。

ただ心配なのは、視聴者がMC二人のトークのみを観て

肝心のHKTメンバーのロケを観てないってこともありえるのでは?と思ってしまいます。

これでは、HKTメンバーが新規ファンを獲得するのは難しいですね・・・。

今のHKT48は『指原莉乃と指原共和国の子供たち』になっているように思います。

 

Sponsored Link

指原莉乃は紫の正統派アイドルグループから何を学ぶのか?

指原莉乃

2012年から2014年の総選挙終了時期までは

指原はある意味、HKT48のために自分を犠牲にしてきたと思われます。

結果として、HKTのメンバーのほとんどにキャラ付けが成功し

第6回総選挙は旋風を巻き起こしました!

しかし、その第6回の総選挙で指原自身が2位になってからは

すべてのパワーを自分自身の巻き返しストーリーに変更し

セルフプロデュースに徹することで、1位に返り咲きましたが

その結果、宮脇咲良を除いては、HKT48はかなり停滞気味になっていたように思えます。

HKT48は良くも悪くも『指原共和国』なので仕方ないのですが

ここに関しては、指原莉乃は大きな危機感を抱いていると思いますね

だからこそ、紫の正統派アイドルグループから学ぶことは大いにあることも

指原は気づいています・・・、きっと秋元さんとも話していることでしょう。

まだ、具体的な戦略は固まってないと思いますが、指原は必ず動きます、それも近日中にね・・・。

でも、乃木坂も秋元プロデュースというのはとてもいいことですね

今後、さらにAKB48グループと乃木坂46グループの比較結果を発信してきますので

楽しみにしてください・・・。これからも宜しくお願いします!

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー