48&46グループの情報&哲学

AKB神曲『てもでもの涙』の歌詞には深い意味がある

てもでもの涙
Pocket

私は最初からアイドルに興味があったわけではありません。AKB48の存在は知っていましたが、当時のイメージは「総選挙」であったり「秋元康商法」と言った印象が強かったですね。そんな私がいつの間にかAKBに魅了され、握手会に足を運び推しメンに会い、さらにはこのブログを立ち上げ、AKBの素晴らしさを伝えることになった「キッカケ」のひとつに、AKBの楽曲の「クオリティーの高さ」があります。総合プロデューサーで、AKB48グループのすべての曲の作詞を担当している秋元康氏の世界観はとても素晴らしく、私はシングル曲以外にも興味を持つことになり、AKBにハマっていきました。今回はそんな私がAKBを知る上でこの曲を聴いてほしいという「神曲」を紹介したいと思います。でわ神曲紹介1回目の本日は『てもでも涙』です。まずは「本家」の二人の歌声の素晴らしさと歌詞の奥深さを感じてください・・・。

Sponsored Link


 

歌詞に少女の恋心の深い切なさがこもる神曲

歌詞にある赤線の「ても・・でも」が少女の切ない恋心と掛かっており

『てもでもの涙』という曲名になっています。

歌詞はこちらよりご覧ください

『てもでもの涙』歌詞

 

AKBファンの間でもシングル化されない「神曲」となる



もともとはAKBチームBの公演曲のひとつなのですが

神秘性を感じる曲であることからファンの支持が高く

様々なメンバーでの『てもでもの涙』が見たいというファンの要望にも応えています。

佐伯美香の離脱により、本家『てもでも涙』は伝説となる

柏木由紀 佐伯美香

本家は、柏木由紀佐伯美香の二人です。

ただ佐伯美香は足の病気によりAKBを離脱しましたので、この時点で『てもでもの涙』は伝説となりました。

ちなみに現在、佐伯美香は足の病気も回復して

AKBの運営の仕事に携わっていますので、飛び入りで本家復活もあります。

最後に私が本家以外で推すてもでもコンビは・・・柏木由紀&松井玲奈です。バランスがいいんですよね。

これからも、AKBの神曲を紹介していきますね。

Sponsored Link


 

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチAKB』・・・管理人のTAKAです。

48&46グループの情報&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、次世代へのチャレンジを余儀なくされ、歯車の調整段階にあります。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し成長期へ突入した乃木坂46、2016年は費用対効果ならびにトータル利益でもAKBを抜くかと思われます。このブログではこの両コンテンツの「戦略」も具体的お伝えしていきます。どうか、宜しくお願い致します。

カテゴリー