48&46グループの情報&哲学

menu

トレキャチ48&46

『黒い羊』は平手友梨奈と欅坂の集大成となり志田愛佳も救う曲となる

平手友梨奈

欅坂46の8thシングル『黒い羊』のMVが解禁されましたね・・・。

石森虹花のメッセージ「この曲でたくさんの人を救いたい」の意味が、ストレートに伝わる・・・まさに、平手友梨奈欅坂メンバーの強烈なメッセージが込められてた楽曲であり、MVです。

欅坂46とは、平手友梨奈の成長過程を発表する場所

平手友梨奈が表現する『黒い羊』の主人公は、まさに現在の平手友梨奈そのものであり

『黒い羊』という、誰も真似することができない世界観への共感から、「アイドル」というカテゴリーでは、欅坂を語れないことを再認識させられました。

平手友梨奈が表現する『黒い羊』は、欅坂46史上、最高の神曲となり、あのメンバーにも伝わることでしょう。

Sponsored Link

平手友梨奈と『黒い羊』MVと欅坂46

⇒『黒い羊』MV【公式】



『黒い羊』・・・いかかでしたか?

歌詞を読み解くと『サイレントマジョリティー』『不協和音』に通ずるものがあり

『黒い羊』は本来の欅坂への原点回帰と言えるのかもしれません。

胸に深く突き刺さる『黒い羊』の歌詞を忠実に、MVで世界観を表現する平手友梨奈欅坂46

生きることへの葛藤や、様々な人との共存と対立などを抱きしめ合う振り付けや突き放す振り付けを軸にした、世界観表現は素晴らしいの一言に尽きます・・・

そして「平手友梨奈は『黒い羊』の主人公に出会えたのか?」という、いつもの疑問ですが

今回は、その必要はなかったのではないでしょうか・・・『黒い羊』の主人公は平手友梨奈自身のことですから

ただ、「全部僕のせいだ」とか「僕だけがいなくなればいい」の表現は難しい・・・

平手がどのように表現したかったのか?繰り返しMVを観ようと思いますが、平手友梨奈とあるメンバーのことを思い起こせば、自然と繋がるのではないかと・・・感じています


欅坂46の『黒い羊』のテーマは、「この曲でたくさんの人を救いたい」ですが

MV公開直後の反響から、すでに多くの人が救われたようです・・・もちろん、新宮監督の力も大きいですよ。

でも、一番救われたのは志田愛佳ではないでしょうか?

Sponsored Link

欅坂46『黒い羊』と志田愛佳

『黒い羊』をMVを観て、私は思わず、志田愛佳を探しました・・・平手友梨奈と共通の世界観意識を持つ、志田愛佳

彼女が欅坂にまだいたなら・・・平手と共に『黒い羊』をどう表現していたか?見てみたかった・・・

おそらくMVを観て、愛佳も泣いていたかもしれない・・・平手が表現する『黒い羊』は、志田愛佳が強く共感する世界観だから

欅坂から少し離れただけで受けることになる、世間からの批判と事実と違う出来事・・・『黒い羊』だった志田愛佳は、罵詈雑言の集中砲火を浴び、心が折れ欅坂を卒業・・・そんな愛佳を平手は守れなかった

MVを見て感じたことですが、そのまま「全部僕のせいだ」や「僕だけがいなくなればいい」に繋がります。

つまり、平手には志田に対する「懺悔」の想いがあり、『黒い羊』でそれを表現したかったのでは?・・・とMVと歌詞から感じました。

本当はMV内で平手友梨奈は志田愛佳を抱きしめたかったのでしょうか?

志田愛佳は、平手のその「想い」だけで救われたと思います・・・。

志田愛佳

2期生が、平手友梨奈と1期生が創造した『黒い羊』を、どう思ったかも興味がありますね

井上梨名、関有美子、武元唯衣、田村保乃、松田里奈、松平璃子、森田ひかる、山崎天、そして、藤吉夏鈴

2期生が今後、パフォーマンスに加わることで、どのようなシナジーが起きるのか?

平手は以前、2期生のことを聞かれて、「新しい刺激をもらえたら、うれしい」と言っていた・・・だから、新しいシナジーは必ず生まれる。

そして、欅坂全体の世界観表現の指導者は、我らがTAKAHIRO先生です

『黒い羊』・・・「TAKAHIRO解説」が早く聞きたいですw。

2019年の欅坂46は再躍進する

平手友梨奈の負傷と映画出演による離脱、初期メンバーの志田愛佳、今泉佑唯、米谷奈々未の卒業

2018年は、これまでにない試練を経験した現在の欅坂メンバーたち

この「経験」のすべてが彼女たちの成長となり、平手友梨奈センターの『黒い羊』で、新しい欅坂46としての最高のパフォーマンス見せてくれることでしょう。

『黒い羊』は、欅坂史上、最高の表題曲となり、たくさんの人を救い、欅坂46は再躍進する!必ず!

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。