48&46グループの情報&哲学

欅坂46『ガラスを割れ!』センター平手友梨奈が届けたい想いとは?

平手友梨奈
Pocket

欅坂46の6thシングル『ガラスを割れ!』のMVが解禁となりました。テーマは「カッコ良さの追求」・・メンバーは黒のパンツとMA-1の衣装に身を包み、マイクスタンドを使ったパフォーマンスを披露!「カッコいいと言ったらロックでしょう!」といった感じの、欅坂らしい攻撃的な楽曲となっています。センターは6枚続けて平手友梨奈が担当・・・この6thシングルでハッキリしたことは、欅坂46の表題曲のセンターは永遠に平手友梨奈に決定であるということです。「センター平手友梨奈が『ガラスを割れ!』で伝えたいこととは?」解禁となったMV分析と共に探ってみましょう。

Sponsored Link

『ガラスを割れ!』MV解禁


表現者平手友梨奈が『ガラスを割れ!』で届けたい想いとは?

平手友梨奈

2017年末の紅白で負傷した右腕のギプスを剥ぎ取り燃やすシーンは、早速、大きな話題となっています。因みにこのシーンは平手友里奈からの発案とのことです。

『不協和音』という楽曲と向き合うことで、欅坂の世界観を表現する表現者としての覚醒が始まった平手友梨奈・・・今回の表題曲『ガラスを割れ!』では、何を表現して誰に伝えたいでしょうか?

今回の楽曲『ガラスを割れ!』のテーマは「現状打破」・・・平手友梨奈は、この世界観をどのように表現して、届けたい想いを具体化にするのか?自然と注目は集まります。

印象的だったのは、平手友梨奈をセンターにメンバー全員が両腕を振りながら走ってくるシーンです、明らかに平手友梨奈の右腕が固定されていて、動いていないのがわかりますよね?右腕の怪我の状態が万全でなくても、全力のパフォーマンスで応える平手友梨奈・・・彼女が同世代の男女から絶大な人気を誇る所以はここにあると思われます。

平手友梨奈は以前、雑誌のインタビューで「自分のパフォーマンスは伝えたい人にだけ伝わればいい」と言っていましたが、ギブスを燃やす意味深なシーンや激しい感情を何かにぶつける表情と行動、そして怪我をしてでも全力でパフォーマンスするシーンにより、平手友梨奈がMVを通じて発信したいメッセージは同世代の男女たちに、しっかり伝わったと思われます。

私の感覚ですが、6thシングル『ガラスを割れ!』では、現状打破による「とことんカッコよく、とことん自分自身を貫け!」といったメッセージが、平手友梨奈から伝わってきました・・・。

しかし、ここからまた『ガラスを割れ!』という楽曲の露出が増えることで、平手友梨奈が表現したいことの真相が徐々に明らかになってくることと思われます・・・まさに表現者平手友梨奈・・恐るべしですね。

Sponsored Link

今泉佑唯と上村莉菜の際立つ存在感

今回の『ガラスを割れ!』のMVで個人的に際立っていたと感じたメンバーは、今泉佑唯上村莉菜のかつての「ちびーず」の二人です。


やはり今泉佑唯の存在感は圧倒的ですね・・平手友梨奈とは違う「目力」の持ち主でもあります。病気療養中、歌のレッスンから得た今泉佑唯なりの楽曲に対する表現力が表情とパフォーマンスに見事に現れています。

このまま今泉佑唯が完全復活することで、欅坂46に新たなシナジーを起こすことは間違いないことで、今後の「ゆいちゃんず」での活動も楽しみですね。


そして上村莉菜・・・うえむーの表情とパフォーマンスを見て、ネットを中心に「うえむー脱ポンコツ!」の言葉が飛び交いましたねw。

『ガラスを割れ!』では、フォ―メ―ション2列目を担当した上村莉菜・・・もとから欅坂の中では美形ランキング上位の彼女、MV監督の新宮氏は上村莉菜の美形の表情と目力に注目したのかもしれません・・・『不協和音』ではフラフラになりながらも見事にフロントをやり遂げた上村莉菜・・楽曲ごとに確実に成長を見せてくれています。

『ガラスを割れ!』MV監督は新宮良平氏

『ガラスを割れ!』のMV監督は、表題曲『二人セゾン』『不協和音』『風に吹かれても』に続き、連続で新宮良平氏です。

撮影は長野県諏訪市にある巨大な工場跡地にセットを作り、最低気温マイナス10度という極寒の中での撮影となりました。1月末の新宮監督のツイッター投稿が、この日の撮影の時だったことが後に判明しましたね。実に熱いメッセージです!

新宮監督

世界最速でカメラを動かす最新鋭の機材「BOLT」なども使用され、よりエネルギッシュな欅坂メンバーのパフォーマンスの表現が可能となりました・・・新宮監督の機材に対する拘りは毎回驚かされます。

因みに新宮監督と言えば「カモメ」ですね。『ガラスを割れ!』のMVでも3分ジャストあたりに一瞬でわかりづらいですが、右上の空にカモメが登場します。

新宮監督のMVの撮り方は、構成とニュアンスをメンバーに伝えて、あとは任せるといったスタンスです。特に平手友梨奈に関しては、いい意味でほぼ丸投げ状態ですw。新宮監督の設定を平手友梨奈がどう捉えてどう表現するのか?撮る側もワクワクが止まらないそうですよ。

ただリアルな欅坂を見せるのではなく、欅坂のグループの在り方や生き様をMVを通してどう想像させるか?平手友梨奈が演じている役が、よりリアリティを持って受け手側に伝わることで、完全なるオリジナルが完成するのだと思います。

振り付けはTAKAHIRO先生です。

TAKAHIRO先生

振り付けは、もちろんTAKAHIRO先生です。『ガラスを割れ!』の振り付を行う上でのストーリー共有の原点は何なのか?歌詞の内容を可視化するスタイルはMVを観る限り健在ですから、『ガラスを割れ!』のキーワードをTAKAHIRO先生からお聞きしたいですね。

いつ何時も、欅坂グループの強い味方であり、一緒に戦ってくれる、素晴らしい先生です。そういえば、ひらがなけやきの単独ライブで武道館にも来てたんですね♪私も行ってたので会いたかったなぁ・・・♪

『ガラス割れ!』大型タイアップも決定!

あと、今回の『ガラスを割れ!』は「docomo」とのタイアップも決定しました。タイアップに関しては秋元先生が詞を書く前から決まっていたとか?「飼いならされた犬」とか「吠えない犬」など詞は、ライバル会社のことをディすっているだとか・・本当でしょうかw?いろいろな憶測が飛び交いますね・・まぁそれほど欅坂46が注目されていることなのでしょう。

2018年、最初の表題曲『ガラスを割れ!』・・・カッコ良さを貫く欅坂メンバーのパフォーマンスにご注目ください。そして、センター平手友梨奈が表現する欅坂の世界観を引き続きご堪能ください・・・。



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

『トレキャチ48&46』管理人のTAKAです。

TAKA

トレキャチ48&46は各マーケティング理論&哲学ブログです。独自のブロックバスター戦略で人気を博したAKB48グループは現在の所、過渡期となり、過剰な炎上商法が裏目に出て苦戦中です。かたやソニーのマネジメントのもと、確固としたブランド戦略で大躍進し、アイドル界の頂点にたった乃木坂46。そして平手友梨奈という表現者により独自の欅坂世界観で楽曲を提供する欅坂46。さらにはカリスマセンターではなく多様性を重視して流動的センターで挑むひらがなけやき・・・この4つのグループのマーケティング戦略を基本にお伝えします。

 

カテゴリー